関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


トップ >おいしい、たのしい!関西の工場見学
Check Clip to Evernote 2012.06.04up

おいしい、たのしい!関西の「工場見学」。

休みの日のお出かけに、ひと味違うスポットはいかが? 実は、関西にあるいくつもの工場で、誰でも気軽に参加できる「工場見学」が開催されているんです。体育館よりも広い工場に入り、見たこともないほど大きな機械で商品が作られるところを見れば、普段、何気なく口にしているあの商品を見る目が変わるかも!? 友達や恋人、家族と一緒でさらに楽しめる、選りすぐりの工場見学をご紹介します!

[グリコピア神戸]の工場見学の一部をご紹介。

専門のスタッフが分かりやすく説明してくれます。
現在までのグリコの歴史と広告を年表で学べます。
昭和初期のグリコの自動販売機のレプリカを展示。
25mもあったプリッツが切断されてこの長さに。
切れ目が入ったプリッツが自重で折れていきます。
「チョコレートハウス」の中央にはカカオの木が。
カカオの栽培と収穫、加工の歴史を人形で再現。
お菓子の製造工程を楽しく学べるしかけがたくさん。
グリコの懐かしいおもちゃが年代別にずらり!
広場には「グリコワゴン」(展示の無い場合も)。

[グリコピア神戸]

25mの、なが~いプリッツは圧巻!
お菓子作りや歴史を遊んで学べる。

 1988年に開館して以来、2011年までに累計150万人以上のファンが訪れた江崎グリコのミュージアム[グリコピア神戸]。チョコレートの甘い香りが漂う館内では、江崎グリコの歴史や代表的なお菓子「グリコ」の移り変わり、その時代の旬のアイドルを起用してきた広告の変遷などを学べるほか、オリジナルアニメーションの「3Dシアター」など、多彩なコーナーでお菓子の世界を知ることができます。メインとなっているのは、ポッキーとプリッツの製造過程を実際に見られる工場見学コース。ここでは、原料の混合から成型、仕上げ、包装、梱包と続く、100メートルにわたる生産ライン見学可能。切断される前の25メートル(!)もあるプリッツや、箱詰めされたばかりのポッキーがずらりと並んで流れていく様子など、ここでしか見られないシーンの数々に、訪れた人の口からは、次々と驚きの声が。子どもたちだけでなく、大人でも楽しめるこの施設。ごくごく身近なお菓子にまつわるストーリーを楽しみながら学べます。

Shop Data
[グリコピア神戸]
神戸市西区高塚台7-1
078-991-3693
10:00~/11:00~/12:00~/13:00~/
14:00~/15:00~の 1日6回(所要時間70分)
金曜休(お盆期間&年末年始休)
入場無料(要予約)
※大型バス5台、乗用車20台駐車可(要予約)
http://www.glico.co.jp/glicopia_kobe/

    まだまだあります。おいしい、たのしい! 関西の工場見学。

  • 森永乳業 神戸工場[神戸・灘区]
    工場見学+さまざまな体験企画が人気。
    詳しくはこちら
    アサヒビール 吹田工場[大阪・吹田市]
    製造ラインほか、120年前のビール作りも。
    詳しくはこちら
    井筒八ッ橋本舗 追分店[滋賀・大津市]
    京都の銘菓・生八ッ橋のすべてがここに。
    詳しくはこちら
  • キユーピー 伊丹工場[兵庫・伊丹市]
    おなじみのマヨネーズを年間27,300トン!
    詳しくはこちら
    UCC六甲アイランド工場[神戸・東灘区]
    薫り高きコーヒーの秘密を垣間見よう。
    詳しくはこちら
    サントリー山崎蒸溜所[大阪・島本町]
    日本で初めてのモルトウイスキー蒸溜所。
    詳しくはこちら
  • 月桂冠大倉記念館[京都・伏見区]
    370年の伝統と銘酒にホロリと酔いしれる。
    詳しくはこちら
    明治ヨーグルト館[大阪・貝塚市]
    最新鋭でクリーンな製造現場をチェック!
    詳しくはこちら
    神戸ワイナリー(農業公園)[神戸・西区]
    安心・安全の神戸ワインのふるさとへ。
    詳しくはこちら

取材・文/上地智 写真/成田直茂(グリコピア神戸)

関連記事

「おいしい、たのしい!関西の工場見学 2」(2013年)
サントリー 京都ビール工場 / てっちゃん工房 / 日本ハムファクトリー 小野工場 / 造幣局 / 神戸新聞 / インスタントラーメン発明記念館 / TOTO 滋賀工場 / 大阪ヤクルト工場 / 雪印メグミルク 神戸工場 / キッコーマン食品 高砂工場

[PR]オススメ情報