関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


トップ > グルメ > 京阪神・銀シャリの旨い店。
Check Clip to Evernote 2010.09.27up

日本の心、定食の心。京阪神の旨い銀シャリ店。

実りの秋、新米の季節です! というわけで、今回は「お米が旨い」にこだわった飲食店をご紹介。お米屋さん直営のお店に、釜炊き仙人によるおいしいごはん。さらには、ほっこり心和む定食から、一心不乱にかきこみたくなる卵かけご飯まで。ラブ・銀シャリ!

銀シャリ屋 げこ亭[大阪・堺]

80歳現役の釜炊き仙人による絶品ごはん。

昭和38年の創業以来、毎朝4時に起きて米を炊くのが店主・村嶋 孟さん(御年80歳!)。レンガを積み上げた釜の前に付きっきりで、三升炊きの釜を一日…

詳しくはこちら

釜戸ダイニング&雑貨 縁[大阪・谷六]

“おくどさん”で炊いたふっくらごはん。

「鉄釜炊きの風味と桜・ナラなど薪の煙る香りを大切にしたい」という想いから、ご飯はすべて店中央に鎮座するおくどさんで丁寧に炊かれる。使用する…

詳しくはこちら

粋魚 むらばやし[大阪・北新地]

土鍋ごはんと、和歌山直送の朝獲れ魚。

主人は[銀平]で料理長も務めた村林英和氏。土鍋の蓋を開けると甘く香ばしい香りとともに姿を現す、艶々の銀シャリ。噛むほどに甘みが増幅する富山…

詳しくはこちら

銀平[大阪・北新地]

ごはんも卵もお代わり自由!

粒がピンと立ち、粘りがあってじんわり甘い。福井産ヒノヒカリのおいしさの秘密は、分厚い鉄の羽釜で一度に3升も炊くため。本店のある和歌山の漁港…

詳しくはこちら

御食事処 しみず[大阪・難波]

受け継がれる“ごはん”は、メシテリアの神髄。

寿司屋を営んだ祖父から父へ、そして息子さんへと受け継がれてきたこちらのお店。多くを語らなかったお父さんの「ご飯だけは間違いのないものを」と…

詳しくはこちら

七三一[大阪・難波]

サラリーマンのオアシス・昼の部は土鍋ごはんが主役。

おいしい手料理と手厚いサービス。店主の心意気が随所に感じられるこちらのお店は、昼夜問わず、客足が絶えない。お昼のランチは、このご時世には嬉…

詳しくはこちら

京の米料亭 八代目儀兵衛[京都・祗園]

老舗米穀店ならではの釜炊きごはん。

「お米の美味しさをもっと知って欲しい」と、お米のソムリエが09年10月にオープンした食事処。ランチでは、その時期に一番おいしい米を選んで独自の方法…

詳しくはこちら

中央米穀おむすび茶房[京都・錦]

メイド・イン・錦のおむすび。

全国から集められたお米の数々が並ぶ、錦市場の老舗米穀店。その店奥にあるイートインスペースでは、おにぎりに適したオリジナルのブレンド米を使った…

詳しくはこちら

洋食&JAZZ キッチンパパ[京都・千本今出川]

洗米技が光る! 米穀店併設の洋食定食。

創業から150年以上が経つ、千本今出川の老舗米穀店。その5代目・大米勝さんが、米穀店に併設で開いた洋食店とくれば、米に関してはオーソリティの域…

詳しくはこちら

ここら屋[京都・烏丸御池]

京丹後のお米と、京のおばんざい。

店前には近所の錦市場で仕入れた旬の野菜を陳列。かといって流行のベジカフェではなく、昼は栄養バランスを考えたおかんテイストの定食、夜は大衆居酒…

詳しくはこちら

和食の店 ほめ・かぱか[神戸・元町]

精米したてが旨い! 四万十の米。

愛媛県北宇和郡鬼北町まで、年3回取りに行くという米は、100%あきたこまち。「兄や親戚が作っているので、玄米で仕入れて使う分のみ精米。うちは365日…

詳しくはこちら

北野坂 栄ゐ田[神戸・北野]

厳選米の大きなおむすび。

瀬戸内の昼網で獲れた魚介をはじめ、新鮮な旬の素材を気軽に味わえる和食処。そしてそのこだわりはお米にも。新潟県・魚沼から直送のコシヒカリによる…

詳しくはこちら

ベジタブルダイニング農家[神戸・元町]

カラダに優しい、七分づきの米と野菜。

店前にズラリと並ぶ朝獲れ野菜は、契約農家から届くもの。オープンと同時に行列ができるランチも、もちろん新鮮な野菜づくし。お昼ごはん御膳900円は、…

詳しくはこちら

土佐郷土料理 土佐[神戸・三宮]

W土佐ジローでかきこみたい。

センタープラザ内の土佐料理専門店にはふたつの名物がある。ひとつはいわずもがなの魚料理。もうひとつは土佐ジロー。そしてその両方を一度に味わえるのが…

詳しくはこちら

[PR]オススメ情報