関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


トップ >進化するアスレチックへ行こう
Check Clip to Evernote 2015.04.28up

アウトドアシーズン到来! 進化するアスレチックへ行こう

アスレチックと聞いて“子どもが遊ぶところ”、と思った人は侮るなかれ! 最近のアスレチックはまるで遊園地のジェットコースター、スリルと興奮が味わえる大人向きのものが増えているんです。思いっきり身体を動かせて絶叫必須。関西エリアにある進化するアスレチックを一挙に紹介します!
“進化するアスレチック”とは?
ハーネス(=命綱)を駆使し、自然の森をそのままアトラクションにしたものや、まるでターザンのように何メートルもあるところから滑り降りたり・・・想像しただけで足がすくむような、これまでの子供が遊べるものとは一線を画した大人向けのアスレチックのこと。恐怖に打ち勝ってゴールした時の達成感は、やみつきになるんだとか。そんな進化したアスレチックを体感すべく“地上7メートルのアスレチック”と呼ばれている[神戸スカイアドベンチャーすずらん]に潜入調査してきました!

地上7メートルでくり広げられる大冒険

写真をクリックすると拡大します。

  • 幅8センチほどの板の
    アトラクション、その名も
    「まな板」。安定感はあるけど、支えは1本のひもだけ。ふらふらしちゃって、怖い。
  • 腕力がいる「カーゴネット」。下を見ちゃうとアウト、さっきの余裕も吹っ飛びます・・・動くと揺れるのでスリル倍増です。
  • 横から見ると砂時計のようだから「アワーグラス」と名付けられたこちら。真ん中は地上8メートルにもなっちゃう。板と板の間が離れているから、イヤでも下が見える・・・。
  • 自分の身体を支えるのは、1本の細いひもと上にぶら下がったロープだけ。後半にさしかかって手の力も限界・・・バランスをうまくとらないと、本当に落ちちゃうアトラクション「手つなぎトラバース」。
  • 10本の丸太のブランコが並ぶ「スインキング」。縦に横に動くので、足をのばしても離れていっちゃうやっかいモノです。
CAUTION
もう1歩も動けません! って緊急事態でも大丈夫。アトラクションの途中でも、スタッフの方が人命救助のように、ロープを巧みに使って助けてくれます。下りない場合でも、進み方のアドバイスや手助けもしてくれるので、安心です。
[ 神戸スカイアドベンチャーすずらん ]
空中に張り巡らされた全長200メートルのアスレチック。その中に18ものアトラクションが並ぶこちら。下から見ていると全然高そうじゃないけど怖いの? と思うのですが、上にあがるとビックリする程、足がすくんで前に進めないんです。ロープや丸太などグラグラ動く不安定な足下なので、必然的に下を向かなきゃならないのも、スリル満点。遊園地のジェットコースターを超えたスリルを体感したいなら、ぜひここへ!
data
住所:神戸市北区山田町小部字妙賀山11-1
電話:078-597-7027
時間:9:00~18:00 ※日没等により変更あり ※不定休
料金:大人3,500、子ども3,000円 ※2時間で遊び放題
※4歳以下(140cm以下)は、保護者の同伴でチャレンジ可
電車:神戸電鉄有馬線・北鈴蘭台駅より徒歩15分
URL:http://www.k-skyadv.com

まだまだあります!関西の進化するアスレチック

まるでターザン? 森を駆け回ろう

フォレストアドベンチャー・朝来

大人の満足度を最大限に引き出すために作られたアスレチック。森の中に作られた4コース、全31ものアトラクションは、ハーネスを付けても足がすくむほど!

空中で味わう圧倒的な爽快感

ひこねスカイアドベンチャー

全3コース、すべてが地上7~8メートルにあるアスレチック施設。オススメは、日本初登場の空中ブランコ! 恐怖に打ち勝てば爽快感を堪能できます。

自然がまるごとアスレチックに

冒険の森

自然の地形・樹木をそのまま生かして作られた新感覚アスレチック。自分でハーネスを付け外しして進むシステムなので、さらにスリルを味わえます。

伝説を探りながら冒険を楽しもう

生駒山麓公園

生駒の集落で伝えられてきた神話をテーマにした本格アスレチック。山の斜面を利用した全長約800メートルのコースには30ものアトラクションが点在!

大自然とふれあいながら探検に

アスレチックスポーツ

起伏が激しい36のアトラクション楽しめるアスレチック。生い茂る木々をかき分けてクリアしていくので、まるでジャングルに迷いこんだかのようなスリル感。

40もの難関に仲間と挑もう!

ユニトピアささやま

「篠山城探訪コース」「助太郎さん民話コース」の2つのコースがあるこちら。コースはとてもハードなので、友人や家族と協力してクリアするのがオススメです。

写真/本郷淳三(神戸スカイアドベンチャーすずらん)

[PR]オススメ情報