関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


トップ > 舞台・イベント > 中島かずき×いのうえひでのり 独占対談
Check Clip to Evernote 2015.05.24up

劇団☆新感線を担う2人が激突!中島かずき×いのうえひでのり 独占対談

看板俳優・古田新太の活躍や映画館で演劇を観る「ゲキxシネ」など話題がつきない大阪発の「劇団☆新感線」。今年で結成35周年を迎える彼らは、座付作家・中島かずきの描く壮大かつ痛快なドラマと、主宰兼演出家・いのうえひでのりが生み出したギャグ満載の「ネタもの」、その両輪があったことで日本演劇界屈指の快走ぶりを実現したと言えるだろう。しかし35周年記念公演では、初めてこの2人の個性が真っ向からぶつかることに!? 迷走必至、どこに向かうかわからない本作の内容と、新感線の理想と今後について、中島といのうえにそろって話を聞いてきた。業界でも非常に珍しい、独占ダブルインタビューです!

取材・文/吉永美和子 写真/本野克佳

アニメ・特撮にも活動の場を広げる座付作家

中島かずき(なかしま・かずき)

1959年生まれ、福岡県出身。高校演劇時代にいのうえひでのりと知り合い、1985年から「劇団☆新感線」に参加(古田新太と同期)。特に、史実を元に重厚な世界を描く「いのうえ歌舞伎」路線で高い評価を得る。新感線での代表作は『阿修羅城の瞳』(1987年)『五右衛門ロック』(2008年)など。近年は特撮やアニメの脚本でも活躍。脚本を担当した、連続ドラマW『ふたがしら』(WOWOW)が6月13日から放送。

中島かずき

いのうえひでのり

キャラの濃い劇団をひっぱる主宰

いのうえひでのり

1960年生まれ、福岡県出身。型破りなキャラ満載のギャグストーリーを得意とし、演出としてはハードロック系の音楽を駆使した娯楽性の高い世界作りで絶大な支持を得ている。外部演出の機会も多く、今年12月には、「つかこうへい事務所」OBの風間杜夫や平田満などが出演する『熱海殺人事件』の演出が控えている。

今回は「中島VSいのうえ」という構図にもなっています(笑)

──今回『五右衛門 vs 轟天』は、新感線が誇る2大人気キャラ、石川五右衛門と剣轟天が同じ世界で大暴れする設定になっていますが、この対決が実現した経緯は?

中島 「まず古田新太で五右衛門(注1)の新作をやることが決まって、何をしようか? と考えた時に『轟天復活』という案が浮上したんです。というのも僕にとっては、(轟天役の)橋本じゅん(注2)にどんな飛び道具的な役をやってもらうか? というのが、いつも大きなポイントなので。今回は35周年のお祭ということであれば、五右衛門対轟天はアリじゃないかと思いました」

いのうえ 「ただ彼は以前(腰を)やっちゃってるんで、不安はあったんですよ。でも五右衛門と轟天がハーフハーフで出るんであれば、体力的にも大丈夫かなと。それに轟天のようなキャラは、年とともにどんどんやれなくなるから、これが最後のチャンスかもしれねえなって」

中島 「で、どうせなら他の役者も新しい役を振るよりも、過去の作品に出たキャラにする方がいいんじゃないかと。それで改めて、轟天シリーズ(注3)と(いのうえ作の)『レッツゴー! 忍法帖』(2003年)(注4)を全部観直しました。「ひどいなあ」と思いながら」

──どの辺りがですか?

中島 「全部(一同笑)。いのうえ君の書くキャラは、やっぱり大いに人の道を外れてる」

いのうえ 「外道ばかりだよね」

中島 「普段の五右衛門シリーズは割とまともな話だけど、こんな頭のネジが3本ぐらい外れた人が中心に来るとこうなります、という。でもいのうえ君にしてみると「俺の轟天はこんなもんじゃない!」という思いが」

いのうえ 「変態度がちょっと足んないなと(笑)。それで轟天部分に関しては、だいぶ僕がネタを書き足しました」

中島 「だから今回は、芝居が長くなっても僕のせいじゃないです(笑)。それは声を大にして言っておきたい!」

いのうえ 「でもまあ、ひどい話になったよねえ」

中島 「本読みの時は、五右衛門たちがまともなことしか言ってなくて、逆に不安になりました(笑)。まるで水と油のようで、この2つは混じるのか? と」

いのうえ 「まあ稽古をしている間に、混じりだしてはいるけどね」

中島 「だから今回は、五右衛門VS轟天と同時に「中島VSいのうえ」という構図にもなっています(笑)。異なるフレーバーをお楽しみください、という感じです」

中島かずき×いのうえひでのり 独占対談

──五右衛門のいる安土桃山時代に轟天がタイムスリップするとは聞いてますが、場所とか展開はどんな感じでしょうか?

中島 「そんな歴史的な何かをやるわけでもないので、都、山、森。だいたいそのぐらい(笑)」

いのうえ 「森はちょっとキーワードだよね」

中島 「そうそう。それで五右衛門に、史上最大の危機が訪れます。轟天のせいで」

いのうえ 「知らず知らずのうちに、ひどい迷惑をかけるというキャラだからね」

中島 「己の欲望に忠実に走って行くと、周りに迷惑がかかるという。でも基本的には、めでたしめでたし…で終わります。やっぱり五右衛門シリーズに関しては、そうやってスカッと終わる「明朗活劇時代劇」を目指しているわけですから」

新感線を知るためのプチ解説

劇団☆新感線とは?

1980年11月、いのうえら大阪芸術大学舞台芸術学科の四回生を中心にしたメンバーで、つかこうへい作品『熱海殺人事件』にて旗揚げ。劇団名は、当時のメンバーが実家に帰省する際、新幹線を使っていたというだけのいい加減な理由だった。当初はつかこうへい脚本の芝居を上演していたが、いのうえが作・演出を務めた『宇宙防衛軍ヒデマロ』(1984年)を機に、オリジナル路線に転向。現在ではその独特の個性が“新感線イズム”として確立、演劇界に話題を提供し続ける存在に。

※注1 『五右衛門ロック』

©2008『五右衛門ロック』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線 【写真】田中亜紀

稀代の大泥棒・石川五右衛門が活躍する新感線流ROCK活劇。生バンドが演奏する圧倒的な迫力のロックに乗せ、歌あり踊りあり、笑いも涙もてんこ盛り、全てが迫力満点の舞台を繰り広げ話題に。

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:古田新太、松雪泰子、森山未來、江口洋介、川平慈英、濱田マリ、橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと、北大路欣也、ほか
公式サイト

※注2 橋本じゅん

©1999『直撃!ドラゴンロック2・轟天大逆転~九龍城のマムシ』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線  【写真】田中亜紀

1985年より劇団☆新感線に参加。以来、看板俳優として古田新太と劇団を引っ張る。当たり役の轟天シリーズをはじめとする奇想天外なキャラが人気。

※注3『直撃!ドラゴンロック~轟天』

©2001『直撃!ドラゴンロック3・轟天対エイリアン』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線 【写真】樋口裕昭

風魔忍法を操る剣轟天が、その技を駆使して数々の強敵に立ち向かっていくおバカな格闘モノ。劇団☆新感線の「ネタもの」シリーズの中でも最高峰の呼び声が高い作品。

作・演出:いのうえひでのり
出演:橋本じゅん、橋本さとし、高田聖子、こぐれ修、逆木圭一郎、ほか
公式サイト

※注4 『レッツゴー!忍法帖』

©2003『レッツゴー!忍法帖』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線 【写真】田中亜紀

忍術使いの阿部サダヲに、妖術使いの古田新太が立ちはだかる、「ネタもの」爆笑忍者活劇。なお「ネタもの」とは、同劇団の作品の中でも、ネタ重視、とにかく笑い追求系のもののこと。

作・演出:いのうえひでのり
出演:古田新太、阿部サダヲ、馬渕英里何、入江雅人、高田聖子、橋本じゅん、粟根まこと、ほか
公式サイト



[PR]オススメ情報