関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


トップ > 映画 > 田辺ユウキの11月シネマレビュー
Check Clip to Evernote 2015.11.05up

田辺ユウキの11月シネマレビュー

フラットなレビューではなく、これは絶対観て損はない! という作品を、映画評論家・田辺ユウキが思い入れたっぷりに紹介する「シネマレビュー」。11月のラインアップはこちら!
【田辺ユウキ】年間マイベスト映画の発表時期。映画史レベルで面白い『マッド・マックス』は選考外と思ってたけど、『Mr.ダマー』や『ヴィレッジ』の出現によって・・・。近況は→こちら

11月のイチオシシネマ

コイツらは生まれながらにしてバカなのだ!

これはコメディー映画の『マッド・マックス』だ! ここまでやり切られたら、もう何も言えないって(笑)。バカMAXどころか、不謹慎しかない。主人公・ロイドはいきなり「精神病のフリを20年間やっていた」と越えてはいけないラインを余裕で踏み越え・・・というかそもそも精神病院の描き方自体がヤバいし、あと相棒・ハリーもノーベル賞級の最新科学を下ネタと同レベルにしか思わない。ハリーの娘とされるペニーも一目でイッちゃってる娘だと分かるし(これはレイチェル・メルヴィンの超絶名演技)。様々な問題を解決する医療、テクノロジーが本作のキーワードとして出てくるけど、ロイド、ハリーのバカは死んでも治らないし、例えば「なぜそんな、変なことばかりするのか」と考えても、心理学や倫理学で彼らの行動を分析するのは不可能。劇中、ハリーの奇行を「アスペルガー」と言う人がいるけど、いやいや、コレはマジもんの天然なのだ。つまり“Born To Be Wild”(この意味は最後の最後まで観れば分かる)。まったくためらいなく本気のバカ映画を作ったファレリー兄弟監督に感心しました!

© 2014 DDTo Finance, LLC

『帰ってきたMr.ダマー~バカMAX!』
11月20日(金)公開

大阪ステーションシティシネマほかで上映

http://bakamax.com

作品詳細はこちら

こちらも見逃せない! 単館系イベント

アートドキュメンタリー『はじまりの記憶 杉本博司』で話題を集めた中村佑子監督が、大阪、神戸で舞台挨拶を実施。現代美術家・内藤礼の作品世界を、異色のアプローチで取りあげた今作。内藤への取材を途中で断念したときなど、気になるエピソードが語られる。アートファンは必見!

『あえかなる部屋 内藤礼と、光たち』舞台挨拶
日時:11月21日(土)
会場:第七藝術劇場、神戸アートビレッジセンター
URL:http://aekanaru-movie.com

11月公開のシネマ・ラインアップ

『エベレスト 3D』

11月6日(金)公開

作品詳細はこちら
『ラスト ナイツ』

11月14日(土)公開

作品詳細はこちら
『コードネーム U.N.C.L.E』

11月14日(土)公開

作品詳細はこちら
『ローマに消えた男』

11月21日(土)公開

作品詳細はこちら
『リトルプリンス 星の王子さまと私』

11月21日(土)公開

作品詳細はこちら
『レインツリーの国』

11月21日(土)公開

作品詳細はこちら
『ホワイト・ゴッド
少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)』

11月21日(土)公開

作品詳細はこちら
『ハッピーエンドの選び方』

11月28日(土)公開

作品詳細はこちら
『女子の事件は大抵、
トイレで起こるのだ。』

11月28日(土)公開

作品詳細はこちら

[PR]オススメ情報