関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


トップ > 舞台・イベント > 吉永美和子の、オレ的舞台“松竹梅” vol.44
Check Clip to Evernote 2015.11.12up

吉永美和子の、オレ的舞台“松竹梅”vol.44

関西舞台セレクション「吉永美和子の、オレ的舞台"松竹梅"」。"演劇マニア以外も楽しめる舞台"を求めて、地域問わず駆けまわる、日本一革ジャンが似あう(と言っている)演劇ライター・吉永美和子が、毎月のおすすめ舞台をご紹介します。ツイッターアカウント(@Yoshine_a)でも、芝居や観劇速報を絶賛つぶやき中。そちらも要チェック!

【松】奇妙な物語から「全部」を見せる、三部作最終章

野田秀樹が本サイトの取材で(記事はこちら)若い演劇人に「全部反応の芝居」と「奇妙であること」を望んでたけど、子供鉅人はその言葉に応えようとしている最たる存在だね。今年は特に、妄想の彼氏と戯れる女子高生や一方通行の愛に溺れる男など、奇妙なラブストーリーから愛と人間の「全部」を描こうとした力作を連発。そんな2015年の総決算の舞台、究極の“愛”が見られるかも?!

劇団子供鉅人『重力の光』※チケット発売中
日程:12月3日(木)~7日(月)
会場:近鉄アート館

公演詳細はこちら

【竹】今回のテーマは“怒り”? 野田秀樹の待望の新作

そして前述の野田秀樹も、負けじと? 新作を発表。触ったら怒りを買うと言われる竜の鱗の名がズバリ掲げられている上に、数々の野田作品のヒロインの中でも“怒り”の表現に最も長けた印象の強い松たか子が主演だもんなあ・・・演劇ならではの遊び心にあふれつつも、現代社会への疑念が掲げられる野田ワールドの中でも、かなり怒り度数高めな予感。だからこそ、勇気を持って触れてみて!

NODA・MAP『逆鱗』※チケット=12月12日(土)発売
日程:2016年3月18日(金)~3月27日(日)
会場:シアターBRAVA!

公演詳細はこちら

【梅】主張より面白さの方が先に立つ、必見の社会派劇団

撮影/加藤孝

社会問題をテーマにした芝居って、説教臭さや意見の押しつけがイヤー! ってなる代物が結構あるけど、燐光群は別格なんだよな。コントみたいな展開や観客参加型の演出など、意見の主張より演劇的な面白さの方にちゃんと軸足を置いているので、その見解にも自然と耳を傾けたくなるわけだ。鉄オタも興味しんしんな題材から日本の黒歴史を暴く、その着眼点と見せ方に唸らされるはず!

燐光群『お召し列車』 ※チケット発売中
日程:12月11日(金)~13日(日)
会場:AI・HALL

公演詳細はこちら

11~12月の見逃せない舞台&買い逃せない前売りチケットはズバリこれ!

仲間由紀恵が名作舞台を継承

『放浪記』

※チケット発売中
日程:11月21日(土)~12月9日(水)
会場:新歌舞伎座

公演詳細はこちら

アクションの60分間一本勝負!

劇団壱劇屋 番外公演 『猩獣』

※チケット発売中
日程:11月21日(土)~23日(祝)
会場:HEP HALL

公演詳細はこちら

注目の職業をセレブな笑いで

THE ROB CARLTON
『CREATIVE DIRECTOR』

※チケット発売中
日程:11月26日(木)~29日(日)
会場:HEP HALL

公演詳細はこちら

一人芝居だけを上演する演劇祭

『INDEPENDENT:15』

※チケット発売中
日程:11月26日(木)~29日(日)
会場:in→dependent theatre 2nd

公演詳細はこちら

哀川翔主演のバックステージ物

ミュージカル『HEADS UP!』

※チケット発売中
日程:11月26日(木)~29日(日)
会場:兵庫県立芸術文化センター

公演詳細はこちら

日本先行で上演される新作舞台

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

※チケット発売中
日程:11月28日(土)~12月10日(木)
会場:梅田芸術劇場メインホール

公演詳細はこちら

吸血種の哀しい運命を描き出す

『TRUMP』

※チケット発売中
日程:12月4日(金)~6日(日)
会場:サンケイホールブリーゼ

公演詳細はこちら

志田未来が名作二人芝居に挑戦

パルコ・プロデュース『オレアナ』

※チケット発売中
日程:12月12日(土)・13日(日)
会場:森ノ宮ピロティホール

公演詳細はこちら

森山未來出演のパフォーマンス

『談ス』

※チケット=12月5日(土)発売
日程:来年3月11日(金)~13日(日)
会場:大阪ビジネスパーク円形ホール

公演詳細はこちら

[PR]オススメ情報