関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


トップ > 映画 > 関西一の映画館が、大阪駅に誕生!
Check Clip to Evernote 2011.04.29up

関西一の映画館が、大阪駅に誕生 目指すは日本一!

梅田のど真ん中に、

2011年の関西において、トップニュースとして話題の「大阪ステーションシティ」のオープン(5月4日開業!)。実は同スポットのオープンは、今後の関西映画界の命運も握っている・・・!? 

ロビーから続く屋外テラス。映画鑑賞の前後に立ち寄って、梅田の絶景を堪能して。

・・・というのも、施設内のノースゲートビルディング11階に誕生する「大阪ステーションシティシネマ」は、「日本一のシネコン」を目指して松竹、TOHOシネマズ、ティ・ジョイ(東映グループ)の国内大手配給会社3社が、関西で初めて共同運営するシネマコンプレックスなのだ(全国でも、札幌シネマフロンティアに続く2例目!)。大阪市内・外はもちろんのこと、神戸や京都など関西中から人が集まるルツボ=JR大阪駅に直結・・・と立地は抜群。また、既存のキタ、ミナミの都心型シネコンは、各映画会社がそれぞれ直営しているため、他会社の大作を上映するのは難しかったが、今回は3社が手を組むことで、全網羅が可能に! 

廊下に沿って、全12スクリーンがずらりと並ぶ。シアターナンバーが記された電灯看板が、モダンな雰囲気。

2010年で例えれば・・・『BECK』(松竹配給)と『悪人』(東宝配給)と『相棒 劇場版II』(東映配給)といった話題の日本映画が、郊外のシネコンへ足を伸ばしたり、上映館をハシゴをしなくても、ひとつの映画館でまとめて鑑賞できちゃうゼイタクさ! あらゆる世代を集客する、まさに"映画の総本山"の誕生と言える。支配人も「お客様に映画を楽しんでいただくために、スタッフもアイデアを出しあっていますが、まずは、どこよりも優位な利便性と、大作をズラリと揃えたラインアップをアピールして、"王道のシネコン"としてドッシリ構えてやっていくつもり。(現在日本一の観客動員を誇る)新宿ピカデリーを上回る"圧倒的な映画館"に成長させるのが目標」と意気込む。

ロビーや廊下の床には、こんなポップな幾何学模様が。大小のイスが多数設置されたロビーは居心地抜群。

「大阪人としては、東京に勝ちたい」と、映画館側の口調も熱を帯びる。「大阪ステーションシティシネマ」の盛り上がりが、関西映画界の起爆剤となることは間違いない。いや奮闘いかんでは、日本全体の映画人口の増加にも繋がる可能性大なのだ。"日本一のメイン館"を目指す、同映画館への期待は高まるばかり。「大阪ステーションシティシネマ」はついに来週5月4日(水・祝)、そのベールを脱ぐ!

最も大きな1番スクリーン内は、サスガの広さ! ブラックで統一された落ち着いた内装が印象的。後方座席からもスクリーンが見やすく、長時間の映画鑑賞だって楽々。

こんなところにも、お楽しみがいっぱい!

思わずロマンチックムード

映画館に入ってまず目を奪われるのが、大きな窓から見渡せる梅田の景色。大阪駅の真上、ビル11階からの絶景は必見(昼はもちろん、夜景も見事)! 映画館のロビーは、グリーンを備えた屋外テラスに連結。このテラスは、映画を鑑賞しなくても入ることのできるフリースペースなので、まずは「大阪ステーションシティシネマ」の雰囲気を感じにテラス訪問、でもイイかも。新スポットとしてカップルにも人気が出そうなコチラ。梅田の中心で、愛をさけぶ!?

3Dメガネの悩みも解決

日本唯一の「ネストリシステム」を導入した3Dメガネは、電源が充電式とあって、従来のものより軽くてかけやすいのが特徴。コレならもう、"メガネ on メガネ"も辛くない!? 今後、続々公開されるであろう3D映画が、もっと楽しみになる朗報だ。疲れるから3Dが苦手・・・という人も、この機会に試す価値あり! ちなみにこの映画館、全スクリーンが最新デジタル&3D上映対応なのもスゴイ。

有名俳優を身近に感じられる

『さや侍』の松本人志監督の舞台挨拶(応募は終了)から始まり、イベントも今後、多数実施予定。関西で一番のメイン館として、初日挨拶なども頻繁に開催される可能性が高く、劇場情報は逐一チェックしたい! また、登壇用の舞台が設置されている1番スクリーン(大阪ステーションシティシネマで一番大きい劇場)は、最後方の座席からでもゲストが見やすく、親近感がアップ!

女性にうれしいパウダーコーナー

女性用トイレには、快適なパウダーコーナーを設置しているので、映画に感動して思わず大号泣しても、ゆったりお色直しできる。思わず長居しちゃう!?

オリジナルメニューでお腹も満足

映画鑑賞には欠かせないフードも充実。カレードッグ350円、スムージー500円など、大阪ステーションシティシネマでしか味わえないオリジナルメニューがずらり。広々とした注文カウンターで楽々オーダー、もうれしいポイント。

オープニングキャンペーンにも注目

5月4日(水・祝)~15日(日)の期間は、1作品を鑑賞するごとにスクラッチカードを1枚進呈。その場で削って当たりが出ると、テレビなど豪華賞品をプレゼント! せっかくだからこの期間に、映画館を初訪問してみよう。

気になるオープニング上映作品はコチラ!

『ガリバー旅行記』

©2010 Twentieth Century Fox

作品紹介はこちら
『阪急電車 片道15分の奇跡』

©2011「阪急電車」製作委員会

作品紹介はこちら
『GANTZ PERFECT ANSWER』

©奥浩哉/集英社
©2011「GANTZ」FILM PARTNERS

作品紹介はこちら
『少年マイロの火星冒険記 3D』

©Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

作品紹介はこちら
『エンジェル ウォーズ』

©2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

作品紹介はこちら
『豆富小僧』

©2011「豆富小僧」製作委員会

作品紹介はこちら
『八日目の蟬』

©2011映画「八日目の蟬」製作委員会

作品紹介はこちら
『鬼神伝』

©高田崇史/講談社・鬼神伝製作委員会

作品紹介はこちら
『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』

©2011 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

作品紹介はこちら
『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』

©2011「これでいいのだ!!」製作委員会

作品紹介はこちら

取材・文/田辺ユウキ 撮影/コーダマサヒロ

Theater Data

大阪ステーションシティシネマ

5月4日(水・祝)オープン!

住所:大阪市北区梅田3-1-3 (JR大阪駅直結、ノースゲートビルディング11階)
TEL:06-6346-3215
スクリーン数:12
座席数:約2,500席
http://www.osakastationcitycinema.com

関連記事

最新シネマ情報はこちら。

・関西で公開の新着映画情報 
・関西の映画関連ニュース 

[PR]オススメ情報