関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


トップ > 映画 > 僕らが日活ロマンポルノにハマる理由
Check Clip to Evernote 2011.05.21up

40年目、再ブレイクの予感!ボクらが、日活ロマンポルノにハマる理由。

©日活

今年1月に開催された神代辰巳(ロマンポルノのエース監督)の回顧上映が大ヒット! これを受けて急遽、日活ロマンポルノの名作25作品を一挙に上映する企画が決定した。誕生から40周年となる今、かつての青少年はもちろん、映画好きを中心に女性にも人気が広がっているロマンポルノ。観れば必ずトリコ、現代の商業映画には絶対真似できないキョーレツな作家性とは・・・? 「日活ロマンポルノこそ、我が青春!」と言い切る2人が交わす(蒸し)暑い会話から、その魅力、さらには観るべき作品たちを検証してみよう。

高橋聰
Satoshi Takahashi

大阪日日新聞編集員。1946年福岡県生まれ。映画記者生活40年。「おおさかシネマフェスティバル」委員長。駆け出し時代に取材で多くの日活ロマンポルノの女優、監督と出会い公私ともの親交を持つ。

春岡勇二
Yuji Haruoka

映画評論家。1958年島根県生まれ。学生時代、土曜日はたいてい日活の映画館に居た。新旧のロマンポルノを観ていた。社会からハミだした者たちに、「それでも生きろ」と言うドラマがうれしかった。

ロマンポルノが、監督にチャンスを与えた!

春岡 僕は中学・高校は田舎だったんだけど、日活ロマンポルノの話は耳に入ってて、それは観たくて観たくて。大学進学で大阪に出て観られたから、1977年頃からか。アウトサイダー・・・いわば「社会からハミだした者たち」のドラマ、そこに注がれる視線の温もりが、社会不適応者予備軍だった僕にとって、とても心地よかったんだよなぁ。

高橋 僕なんかはもろ、リアルタイム。1971年の夏に日活のNKマークがなくなる(日活が映画製作を一時中断した)っていうんで、ファンは感傷に浸ってた。そしたら11月に突然、日活ロマンポルノと銘打って成人映画に路線変更すると。どんなもんかなと観てみれば、目が一点に固まるぐらいすごかったなぁ!

春岡 それまでにもピンク映画はあったんだけど、日活ロマンポルノは日活の撮影所が使えた、っていうことが大きいですよね。

高橋 撮影所には機材がそろっているからね。予算こそ安いけど・・・ピンクで300万円、そしてロマンポルノは750万円の予算なんて言われてたかな。そこに若い監督を、どんどん起用したんだよね。

春岡 ロマンポルノ路線になったからって、日活がスタッフを新しく雇ったわけじゃないから。「ポルノなんて撮れるか!」と言って辞めた人も少なからずいたんだけど、「映画撮れるんだったら何でもやる」「俺たちの時代がきたな」って、それまでどっちかというと不遇だった人たちに、スポットライトが当たった。神代辰巳(※注1)なんて、1968年にデビューしたものの、デビュー作の『かぶりつき人生』がコケて干されてたんだよね。それが、ロマンポルノで復活して大ブレイク。僕は、神代さんが日本で一番好きな監督ですね。

高橋 日活ロマンポルノの制約は、ただ映画一本の中にセックスシーンを3回入れれば良いだけ。だから自由なんだよね。神代は干されてた4年間、一般映画を作るつもりで書き溜めしてた脚本を、ロマンポルノに直しただけだから。だから彼の作品は、完璧な青春映画だ。

日活ロマンポルノとは、“職人メイドの作品”!

高橋 海外でも、特にアジアの監督はけっこう、日活ロマンポルノに影響を受けてるんだよね。

春岡 台湾のツァイ・ミンリャン監督の『愛情萬歳』。あれって絶対、曾根中生監督の作品観てますよね?

高橋 韓国のキム・ギドク監督も絶対観てるね。あと『浮気な家族』のイム・サンス監督も、影響受けたって自分で言ってたもん。「ロマンポルノで、ほかにどれを観たらいいですか?」って本人に聞かれたからね。

春岡 だけど1970年代当時は、やっぱりロマンポルノって差別はされてた。ポルノを観るなんてなんだ、ってバカなこと言うヤツもいたし。むしろ今のほうが、映画的に市民権を得てる。けど、僕らがなんでロマンポルノを観つづけていたかというと、やっぱり単純におもしろいから。圧倒的な作家性がある。

高橋 職人技だもんね。70分そこらの尺で、充分おもしろいんだから。

春岡 いわゆるプログラムピクチャー・・・東映のヤクザ映画のような、プログラムを埋めるためにつくられたB級映画がプログラムピクチャーなんだけど、それこそ実は、職人たちの腕の見せ所だった。

高橋 2時間だらだら流れてる今の映画を観たらほんと、腹が立つよ。あんなん70分でできるじゃないか! ロマンポルノの爪の垢でも煎じて呑め! っていう。神代辰巳なんかは、海外でも特集上映が組まれるほどロマンポルノを代表する監督だし、この名作選ではほかにもすばらしい監督がいることを知ってほしい。

春岡 今回はラインアップにないけど、田中登監督の『人妻集団暴行致死事件』なんて、すっごい名作。今やってるつまんない映画に金払うより、ロマンポルノを2本観たほうが絶対おもしろい!

not単なるエロ。ポルノは権力にも立ち向かう!

春岡 ロマンポルノって(描くテーマは)「情念」なんだ。情念なんだけども、それぞれ監督のスタイルがあるんだよね。ロマンポルノの代表的監督で言うと、神代辰巳、曾根中生、田中登、小沼勝、この4人。

高橋 神代辰巳が描くのは、反権力・反体制。今回上映する『ラブ・ハンター 恋の狩人』(※注2)は、神代が監督の山口清一郎と一緒に脚本を書いた作品。警察に(わいせつだと)摘発され、裁判にまでなった。曾根中生の『わたしのSEX白書 絶頂度』(※注3)なんて(ミケランジェロ・)アントニオーニ的というか。

春岡 『わたしのSEX白書 絶頂度』は、そう。看護師から娼婦になる主人公をはじめ、登場人物の誰もが肉体の結びつきの確かさを求めながら、そこに“愛”という概念がない。つまり愛なんて信用してないわけで、空虚と孤独しかない。愛の不毛を描くイタリアの作家、アントニオーニとタッチが似てる。

高橋 曾根中生は、鈴木清順の門下とも言われていて。清順といえば赤・青・黄の原色の世界でしょ。彼もそれを『色暦女浮世絵師』でやってるんだけど、真っ赤な薔薇を小川節子の股間に置いたりしてねぇ。彼の才能たるや、すごいですよ。

春岡 田中登はシュール派。ムッシュ田中って言われてたんですよね。

高橋 同期の小沼勝が言ったんだよ、「田中登のシュールな映像の映画評論を書ける人が、ついに出なかったな」と。『夜汽車の女』(※注4)はね、湖で白蛇がシュルシュルシュルシュルって通っていく、もうそれしか覚えてない(笑)。

春岡 田中さんの映画は、ほかにもすげぇシーンがいくつもあるんだけど、もうそれしか残んなくなっちゃう(笑)。パートパートの映像が強烈で。いつも全体像を忘れるんだけど・・・でも傑作だという感想は残る。

高橋 『実録阿部定』(※注5)は、四畳半の部屋から出てこないで、もうヤリまくってばっかり。酔うような性の映画。

春岡 田中登の(秘)色情めす市場』(※注6)は、ロマンポルノでも特に名作だと言われてる。

高橋 ピンク映画では、パートカラーというものがあって。白黒で撮っているんだけど、セックスシーンになったらカラーになるっていうのがパターン。でも『色情めす市場』はその逆。セックスシーンであろうが、全部白黒なんだよ。ところが大阪・新世界の街を映すときだけ、村田英雄の「王将」が流れて、カラーになる。これ、傑作だよ。それと小沼さんに関しては、代表作に『花と蛇』(※注7)とかがあるけれど、“耽美派”ですよ。

春岡 小沼勝は、そうですよね。SM映画で有名な人なんだけど、本質はソレですよね。美に溺れ、耽る、という。

高橋 映像がね、幻想的。『昼下りの情事 古都曼陀羅』という作品では、竹やぶの中で見え隠れするセックスシーンがあったり・・・。

春岡 谷ナオミ(※注8)が女性器に刺青を入れるシーンとか・・・。まーー耽美ですよ。

高橋 浣腸とか色んなことやっているんだけど、その世界がきれいに見えるんだよ。それは小沼勝だからであり、女優が谷ナオミだからであり。谷ナオミは、母性というか菩薩観音というか・・・もうホント、ふっくらとしたカラダつきですごく上品。

春岡 あの適度なふくよかさというのが、大事なんだ。縛ったときに美しく映えないとダメ。あの縛られた縄からはみ出る胸の美しさといったら・・・。

高橋 『生贄夫人』という映画で谷ナオミが脱糞するシーンがあるんだけど、落ちた便がもう、黄金のような・・・(※この後、キャッキャとしばらく谷ナオミ最強伝説が続きます・・・)

恐るべし女優根性。カラダを捧げた女たち。

高橋 ロマンポルノっていうのは、監督の作品であると同時に、女優の作品。白川和子、田中真理、片桐夕子、小川節子がロマンポルノ初期のスター女優。「ビューティー4」なんて言ってね。

春岡 その呼び方は、高橋さんが作ったんでしょ(笑)。

高橋 僕が勝手に言ってんだっけか? 

春岡 日活ロマンポルノ1作目『団地妻 昼下がりの情事』(※注9)に出演した、白川和子の功績は大きいですよ。ロマンポルノとしての初めての撮影時、それまで200本のピンク映画に出てきた彼女だけがいわば、「セックスと裸を撮る現場」を知っていたわけだから。

高橋 『ラブ・ハンター 恋の狩人』(前述)とか、山口清一郎や田中登の作品に出ていた田中真理もね、きれいだったのよ。

春岡 彼女にはロシアの血が入っててね。ロマンポルノ裁判で、反権力の女王として学生たちのアイドルになったんだ。

高橋 うれしかったのがね、当時、大阪にも、監督と女優さんが舞台挨拶に来てくれるの。で、色々とサービスする。ジャンケンで買ったら女優さんのパンティーもらえるとかね(笑)。もちろん脱いで渡すんちゃうよ。どうせスタッフがスーパーで買ったパンティーなんだろうけど、僕らにとってはアイドルだからねぇ。ホテルの屋上で水着撮影会なんてのもあって、田中真理も片桐夕子も来たんだぁ・・・(遠い目)。

春岡 ずいぶん後の作品になるけど、『桃尻娘 ピンク・ヒップ・ガール』(※注10)、これの主題歌がまた良かったんだなぁ。「ピンクのコットンパンツ、やめなきゃね♪」って当時、大学の映画研究会の先輩がずっと歌ってた。

高橋 女の子2人が旅に出て、どちらが先にバージンを捨てるか競争する物語。これは女の子が観ても絶対楽しいと思うよ!

春岡 女性に観てほしいっていう点では『ダブルベッド』(※注11)もイイ。中年のセックスってタイヘンね、っていう話で・・・これはもはやポルノじゃないもの。身につまされる大人の切ない映画ですよ。

2人がセレクト!俺的5つ星はこれ
高橋聰氏セレクト:『さすらいの恋人 眩暈』

人生にうなだれ、夜の街で寒さに震える京子を救った徹。金の工面のため他人に性行為を見せて、幸せな人生を歩もうとする2人だが・・・。不器用な男女を描いた小沼勝監督作。「これはポルノじゃなくて、青春映画。主演の小川恵がたまらなくかわいくて切なくて・・・」と、神がかる美女性をリコメンド。
監督:小沼勝 主演:小川恵

上映日時をチェック!
5月25日(水)17:15
5月29日(日)12:20
5月30日(月)13:45
5月31日(火)15:30

春岡勇二氏セレクト:『桃尻娘 ピンク・ヒップ・ガール』

「裕子役の亜湖が、全然美人じゃないんだけど、なんかイイんだよ。ロマンポルノに触れてない若い子も気軽に楽しめるといったらコレかな」と、入門編としてオススメしてくれたのが、ポップなセックス・コメディー。積極的な裕子と奥手タイプのレナが、「どちらが先に女になるか?」でバージン喪失戦争!
※上映日時は右記参照

知ればもっと楽しい!

  • ※注1 神代辰巳
    ねちっこくセックスシーンを撮り、生々しい人間の生(=性)を見つめる日活ロマンポルノの帝王として、海外ファンも多数。名作と賞賛される『赫い髪の女』などが代表作。また脚本家としても、今回「名作選」で上映される『ラブ・ハンター 恋の狩人』ほかで参加。監督作として上映される『壇の浦夜枕合戦記』(写真上)は、あの風間杜夫が源義経を大・怪・演する珍作!
    『壇の浦夜枕合戦記』の
    上映日時をチェック!

    5月25日(水)13:50
    5月26日(木)16:50
    5月27日(金)15:20
    5月28日(土)10:45
  • ※注2 『ラブ・ハンター 恋の狩人』
    上流階級に育ちながら、母と祖父の淫らな近親相姦を目撃したショックから性に溺れていく女。破滅の道に堕ちる女を見ていると、胸が苦しくなる。警視庁に睨まれ、上映最終日に上映禁止を言い渡されたという、いわくつきの作品。主演の田中真理は、権力との闘争の象徴として「ロマンポルノのジャンヌ・ダルク」と呼ばれた。
    監督:山口清一郎 主演:田中真理
    上映日時をチェック!
    5月21日(土)12:15
    5月22日(日)17:00
    5月23日(月)18:40
    5月24日(火)10:45
  • ※注3 『わたしのSEX白書 絶頂度』
    大病院の採血係として働く女とその弟、女を娼婦の道に誘うヤクザとその恋人のストリッパー・・・4人の間で交錯する性を、大胆に描いた曾根中生の傑作。日活ロマンポルノへの出演は結局1本だけとなった三井マリアの「喘ぎ顔」がとにかくすごい! ソーゼツな女優魂に驚きです。
    監督:曾根中生 主演:三井マリア
    上映日時をチェック!
    5月24日(火)17:05
    5月25日(水)18:50
    5月26日(木)10:45
    5月27日(金)12:15
  • ※注4 『夜汽車の女』
    母の不義で産まれた妹と、母性的な姉。異常なほどの姉妹愛が宿る2人だが、姉に結婚の話が持ち上がり、妹の「女の恐ろしさ」が炸裂・・・。かつては鈴木清順、今村昌平の助監督も務めた田中登の、陶酔を誘う映像を浴びよ! 主演は、ロマンポルノにおけるビューティー4(高橋聰氏命名)のひとり、田中真理。
    監督:田中登 主演:田中真理
    上映日時をチェック!
    5月21日(土)15:30
    5月22日(日)10:45
    5月23日(月)17:05
    5月24日(火)12:20
  • ※注5 『実録阿部定』
    シュール表現のカリスマ・田中登が、阿部定を題材に撮った! 翌年、大島渚監督が『愛のコリーダ』を発表するが、これを観てしまえば「大島のなんてたいしたことない」と高橋聰氏。様々な男と情事を重ねるがただ一人、至福の絶頂に連れていってくれた男への愛が燃え盛る定。阿部定事件を「女の性」の観点から描く。
    監督:田中登 主演:宮下順子
    上映日時をチェック!
    5月29日(日)13:50
    5月30日(月)18:45
    5月31日(火)10:45
    6月1日(水)12:30
  • ※注6 『色情めす市場』
    舞台は大阪・西成のドヤ街。売春で生計を立てる母親の元に生まれ、知的障害の弟の面倒を見る19歳の主人公・トメ。どうしようもない母娘がもがきながら生きる「生活臭」がムンムン。日活ロマンポルノの大傑作と言われる1本。深作欣二監督はこの作品にかなりの影響を受け、『仁義の墓場』を製作したとか。
    監督:田中登 主演:芹明香
    上映日時をチェック!
    5月22日(日)13:55
    5月29日(日)15:25
    5月30日(月)17:05
    5月31日(火)18:40
    6月1日(水)10:45
  • ※注7 『花と蛇』
    団鬼六の同名SM小説を映画化。会社社長の夫は、部下に命じて気位の高い妻を調教しようとするが、妻はマゾの資質が開花して・・・。調教を命じられた部下が過去のトラウマから勃起不全になっている、という点にもドラマが。ラストは女の強さに女性は痺れ、男性はゾクッとすること確実!
    監督:小沼勝 主演:谷ナオミ
    上映日時をチェック!
    5月28日(土)18:45
    5月29日(日)10:45
    5月30日(月)12:10
    5月31日(火)13:55&17:05
  • ※注8 谷ナオミ
    あらゆるSM映画に出演した伝説の女優。題材はSMとて、彼女の貴婦人のような顔立ち、母性を感じさせるふくよかな肉体が、作品を下品にさせない(上『花と蛇』劇中写真参照)。「杉本彩も、小向美奈子も、話にならない」とは春岡勇二氏。
  • ※注9 『団地妻 昼下がりの情事』
    日活ロマンポルノの記念すべき1作目(当時は2本立て上映で、他方は小川節子主演『色暦大奥秘話』だった)。コンクリートの壁に覆われる団地に閉じ込められた主婦が、隣の奥さんのススメで売春をするハメになり、女の性を解放。ある意味、フェミニズムの観点からも語られる女の映画!
    監督:西村昭五郎 主演:白川和子
    上映日時をチェック!
    5月21日(土)10:45&18:40
    5月22日(日)15:35
    5月23日(月)12:25
  • ※注10
    『桃尻娘 ピンク・ヒップ・ガール』
    女子こそ観て楽しいガールズ・ムービー。この後『桃尻娘 ラブアタック』『桃尻娘 プロポーズ大作戦』とシリーズ化された。
    監督:小原宏裕 主演:竹田かほり
    上映日時をチェック!
    6月2日(木)18:40
    6月3日(金)12:15
    6月4日(土)18:00
    6月8日(水)19:25
  • ※注11 『ダブルベッド』
    中年を迎えつつある夫婦の前に現れた、昔の友人とそのツレの若い女。不倫に溺れる中年男女のやるせなさが見どころ。いまやベテラン俳優&女優の大谷直子、石田えり、柄本明、岸部一徳が哀しくも可笑しい中年のセックス劇を演じる。脚本は、寺島しのぶ×大森南朋共演『ヴァイブレータ』も手がける大人の恋愛の名手・荒井晴彦。
    監督:藤田敏八 主演:大谷直子
    上映日時をチェック!
    6月5日18:00
    6月6日(月)19:30
    6月7日(火)18:00
    6月9日(木)18:00

取材・文/廣田彩香

Movie Festival Data

『日活ロマンポルノ名作選』

2011年5月21日(土)~6月10日(金)
シネ・ヌーヴォ
前売1回券1,000円、3回券2,400円、フリーパス券12,000円
当日一般1,400円、学生1,200円、シニア900円
06-6582-1416(シネ・ヌーヴォ)
※全作品R18指定(18歳未満は鑑賞不可)

※タイムテーブルなど詳細は、劇場の特設ページへ

関連記事

もちろんこれも気になるよね? 
・伝説のピンク女優が、シネコンで蘇る日。 

最新シネマ情報はこちら。

・関西で公開の新着映画情報 
・関西の映画関連ニュース 

[PR]オススメ情報