関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


トップ > 旅・おでかけ > 六甲山に登ってみませんか?
Check Clip to Evernote 2011.07.05up

岡本から六甲山を越えて有馬温泉へ 

もはや「山ガール」という言葉も聞き慣れてしまいましたが、老若男女を問わず、山登りがなかなか楽しい様子です。ということで、『Lmaga.jp』でも山登りに挑戦してみることに。さらには、岡本商店街振興組合と有馬温泉観光協会と一緒になって、六甲登山イベントも企画してみました。ということで、まずは試しに六甲山に登ってきましたので、その山登りのレポートと六甲登山イベントの募集告知をお届けします!!

PART1 阪急岡本駅~風吹岩

朝10時に阪急岡本駅をスタートし、六甲山頂を経由して有馬温泉を目指す今回の山登り。まずは、芦屋からのルートと合流する「風吹岩(かざふきいわ)」を目指します。山岳ガイドの大釜一典(おおがまかずのり)さん のガイドに従って、いざ出発! 岡本の住宅街を抜け、登山道を進むと、約30分で保久良神社へ到着。一行の無事を祈願して、さらに先へと進みます。水分補給の休憩を挟みつつ、約1時間で風吹岩へ到着! 苦労してたどり着いただけあって、風吹岩から眺める景色は最高です! 水分補給と小腹を満たすためにしばし休憩。とはいえ、実はまだ3分の1程度しか進んでいません・・・。山頂まではまだまだです。がんばるぞ!

阪急岡本駅をスタートして、岡本商店街、住宅街を抜けて天上川公園へ。天上川公園を抜けるといよいよ登山道がはじまります。六甲山の山頂を目指して、スタート!

まだまだ元気なので、足取りも軽やかにどんどん登ります。約30分で保久良神社へ到着。神社の入口は最初のビュースポット。とりあえず、写真をパシャリ。で、これからの登山の無事を祈願して、「しばらくトイレはないよ」というガイドさんの指示に従いお手洗いへ。これから歩くコースの説明もしてもらって、六甲登山再開です。

保久良神社を後にして、金鳥山を経て、ひたすら山道を進みます。登山道にはケガをしたりした時に自分の現在地を伝えるための「119番通報プレート」も随所に設置されています(これがある場所はケータイが通じるようです)。景色のいい場所で休憩をしつつ、「太陽と緑の道」の看板に従って、ひたすら風吹岩を目指します。保久良神社までとは違い、次第にハードになってきて、時には岩を登ることも・・・。そんな時にウリ坊に遭遇。ちょっかいを出すと襲われることもあるというので、遠くから眺めて、先を急ぎます(といっても、かなり疲れてきました・・・)。そして、保久良神社から歩くこと約1時間、ついに風吹岩に到着です。やったぁ! せっかくなので、岩の上から眺望を楽しみつつ、しばしの休息。かなり元気を取り戻せたような気がします。

PART2へ続く
01 02 03NEXT

[PR]オススメ情報