関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


記事一覧

今年の夏は「肉フェア」がアツイ

管理者 (2014年7月22日 15:21)

夏ムードを盛り上げるべく、巷では肉バル、肉フェス、さらに最近は肉コンまで激増。それが焼肉や肉料理店に止まらず、ホテルのダイニングや一流レストランまで「お肉ブーム」が拡大しています。今回紹介するのは、フレンチベースの無国籍料理店として知られる「KIHACHI」の肉フェア(期間中平日限定)で、オリジナリティとおもてなし心たっぷりの贅沢感です。

nikukichi_1.jpg
まず前菜3種は野菜と魚介類で構成。爽やかな仕立てで、メインの肉料理に備えます。

nikukichi_2.jpg
牛リブロース肉、フランス産骨付きシャラン鴨胸肉、国産豚スペアリブ、骨つき子羊肉は塊のまま焼き上げてテーブルへ。豪快かつ大胆なひと皿に感嘆の声を上げてしまいますが、ここで驚くのはまだ早い!

nikukichi_3.jpg
お肉や野菜につけるソースは全8種類。オリジナルブレンドの七味や山葵といったあっさり系からハーブのバターソースやフォンド・ボー&たまり醤油などの濃厚系、シソ・山クラゲ・アンチョビをブレンドしたKIHACHIらしさたっぷりのソースまで、どのお肉にどれが合うかあれこれ試せるのも魅力のひとつ。

nikukichi_4.jpg
1度に4種の肉を食べられる上に、さまざまなソースでいただけるなんてめったにないこと。食が細くなりがちな夏にも十分食べる楽しみを満喫できます。お肉の後には、あっさりパスタとデザートまで! 昼下がりの贅沢ランチに、仕事終わりのスタミナチャージディナーに、何度でも足を運びたくなるおいしさです。
(ライター・宮前晶子)


『夏の肉フェア Summer Meat Special Course』
期間:~9月8日(月)、ランチ・ディナーともに平日限定
料金:5,400円(サ別)
※前日までに要予約

[キハチ ハービス プラザエント]
住所:大阪市北区梅田2-22-22 ハービス PLAZA ENT 5F
電話:06-6456-5061
営業:ランチ11:30~14:30(土日祝は11:00~)、
ディナー18:00~21:00(土日祝は17:30~)
URL:http://www.kihachi.jp

大阪・ミナミの新ランドマークBIOTOP

(2014年6月 5日 13:50)


4月に大阪・南堀江に進出したライフスタイル複合型ショップ[BIOTOP(ビオトープ)]をご存知ですか? アーバンリゾートをテーマに東京・白金台で生まれたお店なんですが、こちらが記念すべき2号店。ミナミのオシャレピーポーが集まっているとのことで、編集Mがこちらにおじゃましてきました。

ビオトープ1.jpg

オープンしたのは[A.P.C.]の跡地。外から見ると、まずはその大きさに圧倒! 約240坪で本店の倍の広さだそう(中に入るとこんな広かったんや・・・と改めて驚愕)。緑もたくさんあって、確かにちょっとリゾートっぽい。

ビオトープ2_5.jpg ビオトープ3.jpg

お店は1階、2階、4階の3フロア構成で、階によって全く雰囲気が違うのもおもしろい。1階は、ハンドドリップで淹れるコーヒースタンド、「植物のある暮らし」を提案するボタニカルショップ、上質なナチュラルコスメや器、リラックスウェアなどが揃うカジュアルな空間。(アニエスベーとのコラボTシャツ、オーガニックコットンを使ったヒポポタマスとのコラボタオルがかわいかった〜。グリーンも多肉植物や観葉植物、トマトもあったりと、ものすごいバリエーション)

ビオトープ4.jpg ビオトープ5.jpg

いっぽう2階は、国内外からセレクトしたメンズ&レディースのファッションアイテムがずらり(エンフォルドやハイクからサンローランまで、メンズだとラフシモンズやカルヴェンなど、カジュアル〜ハイブランドまでかなり幅広い!)。ちょっと大人な雰囲気です。

ビオトープ6.jpg ビオトープ7.jpg

グリーンが広がる4階屋上のレストランには、なんとピザ釜が! ここで焼きたてのピザ(全9種)がいただけるんです。オープンテラスなので、これから夏にかけての外飲みにはぴったりですね。

衣・食・住を網羅、定番からモードまでが並ぶアイテムの充実ぶり、緑が広がる開放的な空間、そしてカフェやレストラン・・・と、ただモノを買うだけじゃなく、その上質な雰囲気を体験することができる。まさにそこは都会のリゾートでした。でも決して入りにくいわけではなく、(ちんちくりんな)編集Mでも気兼ねなく立ち寄れる、そんなオープンな空気はうれしい限り。

「誰に来てほしいとは限定せず、とにかく風通しのいいお店でいたい。最近はキタに新しいお店や施設ができて話題になっていますが、ミナミにも大人が気軽に立ち寄れるお店があればいいなと。堀江に来たらとりあえずビオトープ行こう! みたいな。お店というよりランドマーク的な存在になれたらいいなと思います」(ショップマネージャー・渡邊賢司さん)

最近はお店の入れ替わりも激しかった立花通りですが、今後は[BIOTOP]からどんどん堀江の街を盛り上げていって欲しいですね。みなさんも堀江に行かれる際はぜひ立ち寄ってみては?


[BIOTOP(ビオトープ)大阪]
2014年4月26日(土)オープン
住所:大阪市西区南堀江1-16-1 メブロ16番館
営業:
1F/2F ウェア&コスメ 11:00〜21:00(06-6531-8223)
1F ビオトープ ナーセリーズ 11:00〜19:00(06-6531-8225)
1F コーヒースタンド 9:00〜23:00(06-6531-8226)
4F クビエルタ 11:00〜23:00(06-6531-8227)

東京で木村衣有子のトークイベント開催

武並 (2014年5月28日 15:03)


ginza_west_H1_S.jpg
食をテーマにセレクトした本と食を彩るアイテムが揃い、キッチンスタジオまで併設している東京・千代田区の"おいしい本屋さん"[COOKCOOP]で、文筆家・木村衣有子さんの最新刊『銀座ウエストのひみつ』(京阪神エルマガジン社)発売記念トークイベントが開催されます。

創業1947年、社是を「真摯」と掲げた、リーフパイで名高い[銀座ウエスト]。その企業哲学の"ひみつ"をつぶさに取材した木村衣有子さんと、D&DEPARTMENT代表のナガオカケンメイさんの二人が、「ブランドを作ること保つこと」をテーマにそれぞれが考える"ブランド"についてを語るひととき。

企業にかぎらず、飲食店やECサイトなどブランディングに関わる人には、興味深い話が聞けるはず。関西圏からはなかなか出かけにくいですが、都合をつけてぜひ。


『「銀座ウエストのひみつ」刊行記念 木村衣有子×ナガオカケンメイ トークイベント』
日時:6月10日(火)・19:30~21:00
会場:COOKCOOP BOOKキッチンスタジオ(東京都千代田区紀尾井町4-5 1F〉
料金:2,000円 (1ドリンク付)
定員:40名
電話:03-3264-323

記事一覧