関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


関西のニューストップへ

News

京都・祗園に365日替わりチョコ店

2014年5月20日 12:06


マールブランシュ 外観.jpgマールブランシュ 内観.jpg

京都みやげでもおなじみ、北山に本店を構える洋菓子店[マールブランシュ]から、「カカオのある暮らし」をテーマにしたチョコレート専門店が祇園南側にオープン。製菓の国際コンクールWPTC・チョコレート部門でグランプリを獲得したショコラティエ・藤田浩司氏を新たに迎え、日本人だからこそ創り出せる繊細なチョコレートの世界を提案する。

マールブランシュ_チョコレート2.jpgマールブランシュチョコレート紋.jpg

100年以上続くお茶屋をリノベーションした空間にはガラス張りの厨房が併設され、店名を冠した看板商品「加加阿365」(2個入・972円)は、すべてここで製造。火入れを極力控えることで、希少な南米ボリビア産カカオの風味を極限まで引き出したフレッシュな口溶けが特長だ。さらに、京都の風物詩にちなんでデザインされた専用の紋にも秘密が・・・。なんとその種類は1年と同じ数の365種! その日だけの紋が"日替わり"で刻印される。定番5種と各曜日をイメージしたボンボン1種がセットになった「七日にひとつの宙」(6個入・1,944円)では、個性豊かなカカオの味わいを表現。どちらも作り立て&その日だけの限定品なので、記念日や誕生日のプレゼントにはぴったり。

マールブランシュ エクレア.jpg

この他にも不思議食感の「飴ちょこ」(12個入・756円)や、舞妓さんのおちょぼ口にもOKな「ちょこっとエクレア」(各389円)など、実に多彩なラインナップで目と舌を楽しませてくれる。世界に発信する京都メイドのチョコレート、手みやげの新定番となりそうだ。

取材・文/吉田志帆

[マールブランシュ 加加阿365祇園店]
2014年4月26日(土)オープン
営業:10:00〜18:00 不定休
住所:京都市東山区祇園町南側570-150
電話:075-551-6060
URL:http://www.malebranche.co.jp/brand_top.php

[PR]オススメ情報