関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


関西のニューストップへ

News

6回目のイナズマ 西川貴教の想い

2014年7月25日 11:38


滋賀ふるさと観光大使に就任したT.M.Revolution 西川貴教さんが、音楽を通じて地元に恩返ししたいと実現させたのが、地域密着型の音楽フェス『イナズマロック フェス』。2009年の初開催以来、西川さんが主催者としてイベントの運営に深く関わり、自治体、地元のスタッフも一体となって参加。その地元への貢献度の高さから、アメリカ・ラスベガスも注目するほどだ(それをきっかけに、2013年にラスベガス観光大使に就任)。今年も9月に開催が決定。それに先立ち、大阪市内で会見を行った。

西川貴教.jpg

「ジャンル問わず、何かしら信念をもって活動されているアーティストの方に来ていただいてます」(西川)と言うように、同郷のUVERworldをはじめ、郷ひろみ、氣志團、ゴールデンボンバーのほか、飛び入りで明石家さんまが登場するなど、『イナズマロック フェス』ならではのステージでこれまで多くの人を楽しませてきた。昨年は有料エリアの入場者が過去最高の5万人を記録(フリーエリアを含めると、さらに増える)。現在発表されている2014年の出演者も、加藤ミリヤ、黒夢、May J.、ももいろクローバーZなど、例に漏れずバラエティに富んだラインアップとなっている。

黒夢.jpgMay J.jpg

また今年は、雷神(メインステージ)、風神(フリーエリア)と名称も新しくなり、さらに竜神が新たに加わる予定だとか。「今、全国規模のオーディションを行っています。そこで選出されたアーティストは将来的にメジャーレーベルと契約し、実際にデビューするというプロセスをイナズマから作っていき、それをきっかけにデビューしたアーティストが、大きく成長してメインの雷神ステージに帰ってきてくれるように一緒に成長できれば」(西川)と、その構想はますます大きくなるばかりだ。

「イナズマをきっかけに、地元の人が心底、滋賀県を好きになってくれるような取り組みをしていきたい。実際、滋賀の方の発想も少しずつ変わってきてますしね。将来的には誰がこのイナズマを始めたのか分からないような、それこそお祭りみたいなイベントにしていきたい」と会見を締めくくった西川さん。フリーエリアでは地元の食材を用いたB級グルメや地域の観光をPRするブースも設けられており、チケットがなくても1日中楽しめるイベントとなっているので、この機会にぜひ滋賀&音楽の魅力にふれてみては?

『イナズマロック フェス 2014』
13日出演:加藤ミリヤ、黒夢、シド、T.M.Revolution、May J.、ももいろクローバーZ(OPENING ACT)、ほか
14日出演:FTISLAND、Every Little Thing、私立恵比寿中学、T.M.Revolution、でんぱ組.inc、SHUN(OPENING ACT)、ほか
日時:2014年9月13日(土)・14日(日) ※両日とも12:00~
会場:滋賀県草津市烏丸半島芝生広場
料金:13日券9,200円、14日券9,200円、2日通し券18,400円
※ブロック指定、オールスタンディング、整理番号付
※3歳以上チケット必要
※雨天決行、荒天中止
電話:06-7732-8888(キョードーインフォメーション/10:00~19:00)
URL:http://inazumarock.com/

[PR]オススメ情報