関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


関西のニューストップへ

News

映画で恋の始まり? 神戸の街コンに潜入

2014年11月 5日 19:30


10月の某週末、関西初の「映画館が主催する合コン」が開催された。その名も『シネマ★コン』。神戸を代表するデートスポット[ハーバーランド]で、公開前の映画を鑑賞した後、飲食店に移動し、映画談義をしながらワイワイ仲良くなろうという、最近流行りの『街コン』提携イベントだ。「なんて楽しそうな企画!!」というわけで、Lmaga.jpの恋愛番長(誰も言ってない)himeが現場に潜入してきました。

cinemacon01.jpg

まずは、映画鑑賞。18時半の受付開始から[OSシネマズ神戸ハーバーランド]の『シネマ★コン』受付には、緊張の面持ちの男女がパラパラと集まり始める。友達同士の参加が多いかと思いきや、ひとり参加がほとんど。平均年齢は、男性29歳(最年少21歳)、女性30歳(最年少25歳)と若干女性が上回るものの、全体的には、20代後半が多いかなという印象。金曜とあって、仕事帰りのスーツ姿も多かった。
※ちなみにこの日の参加費は、男性6,900円/女性5,900円(プレスシート&タトゥーシール付)

cinemacon02.jpg

プレミア試写作品として選ばれたのは『ドラキュラZERO』。なんと、全国で2度しか行われなかった試写のひとつが、この『シネマ★コン』の貸切りプレミア試写会ということで、レア感MAX! 座席で緊張の顔を見せていた参加者の顔が「え!そうだったの?ラッキー♪」と緩んだところで上映が始まった。映画は、愛する家族・国のために、ドラキュラと闇の契約をしてしまう、トランシルバニアの若き王の物語。自分を犠牲にしてでも愛する人を守ろうとする、主演のルーク・エバンスのイケメンぶりにグッとくる良作。上映終了後、合コン会場へ移動の為にロビーに集まった参加者の目は、受付の時よりずいぶんキラキラしていた。映画でハラハラドキドキしたので、吊り橋効果が出ているのかもしれない。これは幸先良さそうだぞ、『シネマ★コン』!

cinemacon03.jpg

さて、会場を移して、ブュッフェスタイルでお食事が楽しめる[フィッシャーマンズマーケット]で、まずは「カンパーイ!」。最初の緊張はどこへやら、すでに和気あいあい。映画効果が絶大なようで、「面白かったですね」とか、「普段はどんな映画を見るんですか?」とか、会話が途切れることなく、トーク&ディナーが盛り上がって行く。各所で、笑い声や連絡先の交換をしている姿も見られるが、皆さん喋るのが楽しくてしょうがないようで、ビュッフェの料理が全然減らないという一面も(笑)。

30分経ったところで「席替えで〜す!」。事前に男性に配られたトランプのカードの番号に従って、男性のみがグラスとお皿を持って移動するスタイル。所要時間およそ1分というスマートな席替えを繰り返して、約2時間の宴が締めくくられた。間に、カップリングゲームがあるわけでもなく、見た目は本当にただ食べて飲んで喋っての飲み会スタイル。余興ナシでガッツリと喋れるのが良いのか、会場はサークルの飲み会か? 同窓会か? という打ち解けた雰囲気となり、終宴の挨拶の後も、名残惜しそうにテーブルで話し込む方々を散見したり、21時開始と遅い時間だったにもかかわらず二次会へ移動するメンバーもいたりと、とにかく、誰もが楽しそうなのが印象的だった。ビバ、『シネマ★コン』! 映画は男女をつなぐのだ。

cinemacon04.jpg

終了後、参加者に感想を聞いた。「みんな映画好きと分かってるから話題が尽きなくて楽しかった」(20代男性)。「(試写が)自分なら選ばないジャンルの作品だったので、新しい映画開拓が出来て得した」(20代女性)。「恋愛に発展しなくても"一緒に映画観よう"って誘える友達ができて幸せ」(30代女性)。「緊張せずに参加できて良かった。次も来たい!」(20代男性)と、次の開催を心待ちにする声も。[OSシネマズ神戸ハーバーランド]の企画担当も「年3回くらい、恒例行事としてやっていきたい」と乗り気なので、今後の展開にも注目だ。

4日からは、ミュージカル映画『ANNIE アニー』の年明け公開を記念して、『レ・ミゼラブル』『マンマ・ミーア!』『シカゴ』『バーレスク』の名作ミュージカルの特集上映が一律1,000円でスタートしている当劇場。恋をプロデュースする劇場にあやかって、気になる異性と心躍る映画デートと洒落込んでみては?

取材・写真・文/hime

※個人情報保護の観点から一部画像加工を施しています

『シネマ★コン』公式サイト
URL:http://cinemacon.info/

OSシネマズ公式サイト
URL:http://www.jollios.net/

映画『ドラキュラZERO』公式サイト
URL:http://dracula-zero.jp/

[PR]オススメ情報