関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


関西のニューストップへ

News

レア版も!神戸でSWモノポリー体験会

2015年12月18日 20:00


『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 モノポリー』無料体験イベントが12日、神戸[OSシネマズハーバーランド]で開催され、SWの熱狂的ファンから、どちらも知らないという子どもまで、幅広い世代で会場がにぎわった。

sw_mono4.jpg

SW世代の大人から、その子ども、さらにはモノポリー世界選手権出場者まで、多種多様な面々が集った、このイベント。初めてモノポリーをやったという参加者も意外に多かったが、一様に「楽しかった!」と笑顔をのぞかせた。初対面同士の対戦も多く、最初は緊張気味の空気が流れるものの、1ゲームが終わる頃にはすっかり仲良しに。

sw_mono2.jpg

モノポリーは世界中で愛されているボードゲームのひとつで、双六の要領でマス目を進みながら、ゲーム上のお金で不動産などを売買する頭脳ゲームだ。ゲームでありながら交渉術や社会性が身に付くと言われ、大学の経営学の授業で、教材として使われることもあるという。ちなみに、「日本モノポリー協会」の会長は、コピーライターの糸井重里さんが務めている。


この日、ルール解説係として参加した植田幹浩さんは、2001年の日本チャンピオン。2004年には世界選手権大会に日本代表として参加した経験を持つプロのプレイヤーだ。現在はプレイだけでなく、ご当地モノポリーの企画・制作にも携わっている。「モノポリーは、ゲームを通して相手の価値観を見えて来るんです。人間性が分かる面白いゲームですよ」と、その魅力を語った。

sw_mono1.jpg

なお、『スター・ウォーズ』版モノポリーは、これまで映画公開のたびに新バージョンが作られていて、今回のコラボは実に10年ぶり。過去作にはプレミアがついて、マニアの間で高値で売り買いされる"幻のモノポリー"となっている。全過去作はもちろん、ブラックホールを彷彿とさせる円形デザインの新作が集合したこの日は、「今や高額で手が出せない昔のシリーズまで、無料でプレイできて楽しかった!」と、モノポリーファンも大満足の様子だった。

取材・写真・動画・文/hime

[日本モノポリー協会]
URL:http://www.1101.com/monopoly/

【関連記事】
大阪環状線版モノポリー、12月に発売
映画新時代へ、4DX体験レポート
SWグッズの仲間入り、南海ラピート
ベーダー卿?SWコラボの黒い特急
スター・ウォーズ特急、デザイン披露

[PR]オススメ情報