ページ内を移動するためのリンクです。

鹿児島県「おいしい! 楽しい! 鹿児島県」Beauty of Life,Kagoshima

下へ

九州の最南端である鹿児島県は、豊かな島津藩がはぐくんだ文化に、
幕末から明治にかけて多くの偉人を輩出した、歴史に彩られた街。
大自然から恵まれる食材や名物もふんだんにあり、見逃せない。
関西からのアクセスも抜群で、週末のおでかけにぴったり。

ACCESS

関西〜鹿児島 路線図
  • 山陽・九州新幹線
    新幹線を利用する場合は、新大阪~鹿児島中央間で
    3時間48分です。
  • 山陽・九州新幹線
    新幹線を利用する場合は、新神戸~鹿児島中央間で
    3時間36分です。
  • ※所要時間は最速です。
  • ※平成29年1月時点の情報です。

手仕事の魅力にふれる

江戸時代から続く窯元を訪ね、薩摩焼の伝統に触れる

荒木陶窯

文禄・慶長の役の際、島津義弘公が朝鮮陶工を連れ帰り、陶業を開かせたことから始まった薩摩焼。薩摩焼は、堅野系や龍門司系など、5系統に分けられ、荒木陶窯は、苗城川の地で始まった苗城川系朴家の後裔。元々は藩主向けに作られていた豪華絢爛な絵付けが特徴の白薩摩と大衆向けの黒薩摩を中心に、工房そばのギャラリーで購入や観賞ができる。

店舗案内●鹿児島県日置市東市来町美山1571
8:30〜17:00
無休(年末年始のぞく)
※営業時間は変更する場合もあり、来店前に電話確認を

http://arakitoyo.jp/
色や文様、ぼかしの技に思わず見惚れる美しさ

薩摩ガラス工芸

薩摩切子は、薩摩藩主、島津斉彬による近代化、産業化事業の一つとして誕生。藍や緑など、宝石のように輝く色ガラスで知られ、特に紅色は日本で初めて発色に成功したそう。さらに、透明ガラスに色ガラスを被せ、削る深さを微妙に変えながらカットすることで、美しい濃淡を出す”ぼかし”は、薩摩切子が生み出した技法であり、最大の魅力。

店舗案内●鹿児島県鹿児島市吉野町9688-24
磯工芸館8:30〜17:30 無休
薩摩切子工場・見学時間9:00〜17:00(途中、休憩時間あり)
月曜&第3日曜休(月曜が祝日の場合営業、翌日休み)

http://www.satsumakiriko.co.jp
島津家の歴史、文化と、藩主・斉彬の近代産業推進の足跡を追う

尚古集成館

幕末、28代当主・斉彬は東洋最大の工場群「集成館」を建築。製鉄、大砲、造船、紡績、薩摩切子などのガラス、薩摩焼の研究・製造を手がけ、写真、電信、ガス灯などの実験や研究も盛んに行った。これは欧米列強による日本の植民地化をおそれ、いち早く豊かな国づくりを目指したため。その熱い思いが館内にぎっしりと詰まっている。

店舗案内●鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1
8:30〜17:30 無休
入場券1,000円(仙巌園と共通)

http://www.shuseikan.jp/
日本の近代化の礎を築いた薩摩藩主、島津家の別邸。桜島を望む眺望が特徴の大名庭園

仙巌園

仙巌園は、1658(万治元)年19代光久により築かれた薩摩藩主、島津家の別邸。桜島を築山に錦江湾を池に見立てた借景庭園はまさに圧巻のひと言。このほか、園内には、島津家の別邸である「御殿」、長い歴史を物語る史跡も多く残されており、敷地の一部は「明治日本の産業革命遺産」の構成資産として世界文化遺産にも登録されている。

店舗案内●鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
8:30〜17:30 無休
入場券1,000円(尚古集成館と共通) ※御殿の入場は600円(ガイドツアー、抹茶とお菓子付き)

http://www.senganen.jp/

鹿児島ならではのおいしいもの

黒牛、黒豚、黒さつま鶏! 鹿児島の「黒」を味わい尽くす

華蓮 鹿児島店

JA鹿児島県経済連が県内産畜産物のPRを目的として運営している食事処。それだけに、県内のおいしいものが大集合。脂身まで甘く、旨みがある「かごしま黒豚」のしゃぶしゃぶやキメが細かく、美しいサシの入った「鹿児島黒牛」のすき焼き、ぷりぷりと歯切れのいい「黒さつま鶏」のステーキなど、名物である肉の種類や調理法をいろいろ選べて、堪能できる。

店舗案内●鹿児島県鹿児島市山之口町3-12
11:30〜14:00(13:30LO)、17:30〜23:00(22:00LO)※日・祝は〜22:00(21:00LO)
無休

http://www.karen-ja.com/
1杯で何通りにも楽しめる鰻料理店の名物丼

うなぎのふじ井

鰻の養殖生産量日本一を誇る鹿児島県。上質な大隅産の鰻を仕入れ、さばく前に井戸水を掛け流し、ていねいに臭みを抜く。うな重やせいろ蒸し、ひつまぶしなど、いただき方もさまざまに。こちらでは、白焼きを蒸してからタレ焼きにするふわとろの関東式と、蒸さずにタレ焼きする香ばしい関西式の2通りから焼き方を選べる。

店舗案内●鹿児島県鹿児島市荒田2-41-1
11:30〜14:50LO、17:00〜20:50LO
第1・3月曜休(祝日の場合は翌日休)

http://www.iimo.jp/?s=89
名物かき氷、白熊の発祥店へ 卵入り自家製ミルクが絶品!

天文館むじゃき

昭和24年、当時は珍しかった練乳氷を店で出したのが始まり。上から見ると、チェリーやレーズンのトッピングが、白熊の顔に見えたことから、この名前が付けられたそう。現在は約10種類に増えたが、自家製ミルクと蜜、フルーツがのった定番の白熊は誕生当初の味を継承。自家製ミルクは、卵入りでカスタードのようなまろやかな味わいが楽しめる。

店舗案内●鹿児島県鹿児島市千日町5-8
11:00〜21:30LO(日・祝日と7・8月は10:00〜)
2月28日休

http://mujyaki.co.jp/
郷土料理から新名物までご当地グルメを気軽にはしご

かごっまふるさと屋台村

地産地消にこだわった飲食店26店舗が軒を連ねる屋台村。薩摩料理や奄美料理、海鮮居酒屋、ビストロ、焼酎バーなど、ジャンルもさまざまに、2軒、3軒と、はしご酒する人も多い。どの店もこぢんまりしていて、カウンターに座れば、店主やほかのお客さんとの距離も近く、かごっま弁(鹿児島弁)が飛び交い、旅行者も自然と地元の人と交流できる。

鹿児島県鹿児島市中央町6-4
12:00〜14:30、18:00〜24:00(店舗によって異なる)
第1・3月曜休(祝日の場合は翌日休)

http://www.kagoshima-gourmet.jp/

もっともっと鹿児島の魅力はコチラ

ただ今、キャンペーン開催中!

鹿児島の美 投票キャンペーン