ページ内を移動するためのリンクです。

静かなおこもり宿で楽しむ夕日ヶ浦の極上サンセット

佳松苑 はなれ櫂(かい)京丹後

白砂青松のビーチが美しく、その名の通り夕日の名所としても知られる夕日ヶ浦を、高台から一望できる絶景宿。寺院風の凝った意匠も見られる木造建築をリノベートし、和モダンな空間に。おすすめは、眼前の海景色と温泉を独り占めできる露天風呂付き客室。こちらの宿は宿泊者専用カフェや図書室、客室内のドリンクがオールインクルーシブなので、マイペースなおこもり時間を過ごせるのも魅力。

  • ☎0772-74-9099
  • 京都府京丹後市網野町浜詰669
  • 平日1人26,000 円~( 露天風呂付き客室は
    36,000円~、1室2名利用の場合、1泊2食付き、
    サ込み、入湯税150円別途要)
  • IN●午後3時 OUT●午前10時
  • カード●可 P15台 京都丹後鉄道夕日ヶ浦木津温泉駅から送迎あり
  • MAP→A-1

夕食は、近海の希少な魚介を取り入れた会席。春なら「幻のエビ」と言われる鬼エビを塩焼きやお造りに。旬食材を使った八寸や但馬牛ステーキなど約10品。

人気の露天風呂付き客室(上部スライドショー室内画像)。ウッドデッキや専用の露天風呂(写真右)から、視界を遮るものがない海の眺望を楽しめる。

無色透明で無臭のアルカリ性単純温泉はクセがなく湯あたりしにくいので、のんびり入れるのがうれしい。共用の展望大浴場もあり。

天橋立を間近に望む、大人のオーベルジュへ

ワインとお宿 千歳宮津

趣ある古い旅館を改装してベッドを備えた和洋室タイプの客室。本館客室の窓の外には運河と廻旋橋が広がる。宿で購入もできるワインを楽しめるよう、グラスやワインクーラーも常備。

こじんまりとした宿が立つのは、日本三景のひとつ、天橋立のたもと。朱色の廻旋橋が架かる運河沿いで、日本を代表する海の美景を堪能できる。天橋立ワインのオーナーが手掛けるオーベルジュだけあって、ワインとそれに合わせた料理も充実。ウエルカムドリンクから夕食のフレンチ×和食の創作コースに合わせる1本まで、京都産ブドウで作る自社製やフランス産などさまざまなワインと共に過ごしてみて。

  • ☎0772-22-3268
  • 京都府宮津市文珠472
  • IN●午後3時 OUT●午前10時半
  • 平日1人14,350円~(1室2名利用の場合、1泊2食付き、サ込み、入湯税150円別途要)
  • カード●可 P10台
  • 京都丹後鉄道天橋立駅から徒歩5分
  • MAP→B-1

岩風呂&露天の五右衛門風呂(写真右)、高野槙の桶風呂&檜の露天風呂(写真左)とそれぞれ趣の違う2つの浴場は、男女入れ替え制。少しトロリとしたナトリウム泉で、つるり肌に。

チェックイン時には、廻旋橋を望む宿泊者専用サロンでウエルカムワインのサービスが。5万本ものワインをストックするこちらは、 夕食時には+2,500円で、おすすめのワイン3種の飲み比べとフランスから取り寄せたチーズを楽しむことも。

魚介や野菜など丹後の食材を、ワインに合う料理へと仕上げた全7品のコース。右から、サワラのムニエルは、地元産ユズを使ったソースが爽やか。京都和牛のローストは、ブドウの穂木を用いた瞬間燻製で香り豊かに。

日本の原風景が残る伊根を目指して

1階部分に舟専用のガレージがある「舟屋」が、伊根湾に沿って約230軒並ぶ。その姿はまるで、穏やかな入江の海に家が浮かんでいるよう! 昔から変わらない不思議な光景の町を散策して。

女性杜氏ならではの華やかな地酒をお土産に!

向井酒造伊根

伊根町で260年以上続く酒蔵が今、全国区で注目の的に。その理由は、杜氏の向井久仁子さんの活躍。東京農大での醸造学の学びを生かし、古代米で仕込んだ、ロゼワインのような桜色の日本酒をリリース。果実のような甘みと酸味がある、新感覚の地酒をぜひ試してみて。お酒を購入した人は、そのままこちらの蔵にある「海床」へ行って、ぷかぷか揺られながら飲むこともできる。

  • ☎0772-32-0003
  • 京都府与謝郡伊根町平田67
  • 午前9時~午後5時
  • 無休
  • カード●不可 P2台
  • 京都丹後鉄道宮津駅→丹後海陸交通バス「伊根」バス停から徒歩すぐ
  • MAP→B-2

赤米(古代米)を使用した伊根満開720ml 1,900円(税込み)。日本酒が苦手でも飲みやすいと評判。ソーダ割や熱燗でいただくのもおすすめ。

海と山に囲まれた伊根の食材をパスタやスイーツで味わって

イタリアンバールピエーノ 伊根店伊根

近海もののサザエとバイ貝、さらにエビも加わり魚介のダシが利いた浦島パスタ。香りの良いニンニクや鷹の爪も伊根産。サラダとパン付きで1,280円

大阪市内に5店舗を構える人気イタリアン、ピエーノがプロデュース。メインとなるパスタの調理法などを受け継ぎつつ、こちらは伊根産の食材を生かしたオリジナルメニューに。ランチには、近くにある浦島港の漁師から直接仕入れる魚介や地元の野菜を使った、ご当地流のパスタが豊富にスタンバイ。筒川そばや薦池(こもいけ)大納言という小豆のスイーツといった名産品もいただける。

  • ☎0772-33-0513
  • 京都府与謝郡伊根町本庄浜111-1
  • 午前11時~午後3時(フードは〜午後2時)共にオーダーストップ 
    ※夜は予約のみ営業
  • 水曜休み(祝日の場合は振り替え休あり)
  • カード●不可
  • 席数●テーブル40席
  • 予算●筒川そば1,080円 P25台
  • 京都丹後鉄道宮津駅→丹後海陸交通バス「浦嶋神社前」バス停から徒歩すぐ
  • MAP→A-2

通常の小豆の2倍はある大粒が特徴の伊根名物、薦池大納言。しっとり炊きあげたぜんざい850円は、小豆の風味が濃厚。

薦池大納言を使った焼き菓子のエスポワール250円は、神戸の洋菓子店、レーブドゥシェフ監修。

レトロ建築が並ぶ、ちりめん街道へ

かつて丹後ちりめん産業でにぎわった加悦地区。江戸〜昭和初期に建てられた豪奢な建物が約120棟も残る「ちりめん街道」は、国の重要伝統的建造物群保存地区。

細やかな趣向が凝らされた広い豪邸は見応えあり

尾藤家住宅与謝野町

生糸ちりめん問屋として栄えた尾藤家の屋敷。江戸時代の母屋と、昭和に入って増築された2階の洋風建築も合わせた和洋折衷の空間が見もの。格子窓やステンドグラスなどモダンなデザインが散りばめられた空間がすてき。

  • ☎0772-43-1166
  • 京都府与謝郡与謝野町加悦1085
  • 午前9時~午後5時
  • 月曜休み(祝日の場合は翌日休み)
  • 入館料●200円 Pなし
  • 京都丹後鉄道与謝野駅→丹後海陸交通バス「ちりめん街道」バス停から徒歩5分
  • MAP→C-2

絹織物の町・加悦の歴史を体感できる

与謝野町
旧加悦町(かやちょう)役場庁舎

丹後大震災後の1929年、町役場として建てられた洋館。欧風の意匠や耐震構造など当時の最新技術を詰め込めたのは町が繁栄していた証。シルクコースター作り900円など丹後ちりめんの手織り体験(予約不要)もできる。

  • ☎0772-43-0155(与謝野町観光協会)
  • 京都府与謝郡与謝野町加悦1060
  • 午前9時~午後5時
  • 無休 P30台
  • 京都丹後鉄道与謝野駅→丹後海陸交通バス「ちりめん街道」バス停から徒歩すぐ
  • MAP→B-2

昔ながらの手仕事をお土産に!

丹後ちりめん

右から、くるみボタンのクリップ&ピン464円、ピンズ421円、がま口ポーチ1,728円(すべて税込み)

丹後地方の絹織物は細やかな凹凸状の「シボ」があり、シワがよりにくく、染め上がりの色が美しいのが特徴。色柄が豊富で、洋装にも取り入れやすいモダンなテキスタイルのものもそろう。丹後ちりめんを使った小物は、海の京都の道の駅や土産物店など、幅広いエリアで購入可。

丹後ちりめんの手作り体験は旧加悦町役場庁舎で

黒谷和紙

綾部市の北部にある黒谷町に伝わる、伝統的な手すきで作る和紙。水にさらしても破れないほど強くて丈夫なため、古くは傘や提灯など日常遣いの品に用いられていた。和紙製品は黒谷和紙の施設や綾部市の土産物店などで手に入る。

黒谷和紙の手作り体験はこちらで

黒谷和紙工芸の里綾部

右から、紅型の名刺入れ各2,592円、ブックカバー864円(共に税込み)

廃校となった小学校の跡地を利用した施設。黒谷和紙にまつわる展示のほか、職人の紙すき技術の見学や、ハガキサイズの紙すき体験700円(7日前までに要予約)ができる。

  • ☎0773-45-1056
  • 京都府綾部市十倉名畑町欠戸31
  • 午前9時~午後4時半(紙すき体験は〜午後3時半受付終了)
  • 土・日・祝日のみ営業(1~3月は休み) 入館料●300円 P20台
  • ※平日の紙すき体験(5名〜)は黒谷和紙会館(☎0773-44-0213)で開催
  • MAP→D-2

おいしい、たのしい 町あるき

スイーツひしめく城下町、福知山

存在感を放つ、城下町のシンボル

福知山城福知山

明智光秀が丹波の拠点として築城。昭和61年に復元された天守閣の内部は、郷土資料館に。丘の上に立つ威風堂々とした姿が、福知山の町のいろいろな場所からよく見える。

  • ☎0773-23-9564
  • 京都府福知山市字内記5
  • 午前9時~午後5時(最終入館は〜午後4時半)
  • 火曜休み(祝日の場合は翌平日休み)
  • 入館料●320円(税込み) P60台
  • JR・京都丹後鉄道福知山駅から徒歩20分
  • MAP→D-4

’16年7月21日移転RENEWAL!

福知山が誇る名パティスリーの魅力がぜんぶ詰まった空間に

洋菓子マウンテン福知山

上から、代表作の杏と塩1,620円、ほのかな酸味とカカオの力強さがあるオリジナルショコラ「ナオミミズノ66%」のタブレット970円(共に税込み)

率いるのは、ワールドチョコレートマスターズ総合優勝など世界的にも評価が高い水野直己シェフ。父の代から愛されてきた洋菓子店の、新店舗がついに完成。広々とした空間にはショコラトリーや、福知山城を眺められるカフェも併設。15種ほどの生ケーキをはじめ、催事で人気のショコラやチョコソフトクリームなどがフルラインアップでそろう。

  • ☎0773-22-1658
  • 京都府福知山市字猪崎小字山本322
  • 午前10時~午後6時半(カフェは〜午後6時オーダーストップ)
  • 水曜休み(祝日の場合は振り替え休あり)
  • カード●可
  • 席数●テーブル34席、カウンター4席、テラス30席 P25台
  • JR・京都丹後鉄道福知山駅→京都交通「三段池」バス停から徒歩すぐ
  • MAP→C-4

キャラメルホイップ&オレンジムースの組み合わせが、「ナオミミズノ66%」の妙味を引き出す新作は、ビジュアルもインパクト大。カカオ500円(税込み)

キメ細かでのど越しの良いバウムクーヘン専門店

福知山
チロリア

店頭に並ぶのは、バウムクーヘンのみ。シンプルな素材のみで添加物を加えず、昔ながらの直火焼きにこだわるからこそ生まれるしっとり食感が魅力。40年近く変わらない正統派の味は、外側のチョコレートがアクセントに。16cm2,500円。

  • ☎0773-23-5372
  • 京都府福知山市字内記4-61
  • 午前10時~午後6時
  • 無休 カード●不可 Pなし
  • JR・京都丹後鉄道福知山駅から徒歩8分
  • MAP→D-3

里山の風情あふれるころ柿を表現

福知山
名門堂千原

400年以上の歴史を持つ和菓子の老舗。こちらの銘菓は、丹波のころ柿(干し柿)の形をイメージ。干し柿ペーストを忍ばせたこしあんを求肥で包んで、仕上げに砂糖をまぶした、まろやかな甘さの素朴な味わい。1個75円(税込み)。

  • ☎0773-22-2765
  • 京都府福知山市駅前町36
  • 午前10時~午後6時
  • 日曜休み カード●不可 Pなし
  • JR・京都丹後鉄道福知山駅から徒歩4分
  • MAP→D-3

本店限定の栗菓子を要チェック!

福知山
足立音衛門 京都本店

名産の丹波栗や和三盆糖を使った焼き菓子が評判。百貨店や通販でも人気の店だけど、大きな丹波栗がゴロゴロ入ったタルト389円や栗の甘露煮とペーストを挟んだシュークリーム306円など、豊富にそろう本店限定の品を狙って。

  • ☎0773-24-2043
  • 京都府福知山市字内記44-18
  • 午前9時~午後7時
  • 無休 カード●可 P10台
  • JR・京都丹後鉄道福知山駅から徒歩15分
  • MAP→D-4

海軍ゆかりの港町、舞鶴

旧海軍の赤れんが倉庫が複合施設に

舞鶴赤れんがパーク舞鶴

明治時代、旧海軍の兵器倉庫として建てられた赤れんが倉庫群、12棟のうち5棟を改装。ノスタルジックな空間には、赤れんが博物館やくつろげる広場などがあり、不定期でイベント開催も。

  • ☎0773-66-1096
  • 京都府舞鶴市北吸1039-2
  • 午前9時~午後5時(外観は見学自由)
  • 無休 見学無料 P80台
  • MAP→C-1

海軍レシピのランチやスイーツを赤レンガの空間でどうぞ

赤煉瓦カフェ ジャズ舞鶴

舞鶴赤れんがパーク内にあるカフェ。名物は、海軍の料理隊員のための教科書『海軍割烹術参考書』のレシピを基にしたカレーなどの復刻メニュー。「ジャムロール」として登場するロールケーキも、材料や調理法などリアルに再現。レトロな空間だけでなく、スイーツの味わいまで海軍が活躍した時代にタイムトリップした気分に浸れる。

  • ☎0773-63-7177
  • 京都府舞鶴市北吸1039-2 舞鶴赤れんがパーク内 舞鶴市市政記念館1F
  • 午前10時~午後7時半オーダーストップ
  • 月曜休み カード●不可
  • 席数●テーブル40席、カウンター20席
  • JR東舞鶴駅から徒歩15分
  • MAP→C-1

イチゴジャムがポイントの海軍ロール320円、ブレンドコーヒー420円。『海軍割烹術参考書』も500円で販売。

西舞鶴にも寄る価値あり!魚屋直営だから叶うお得な定食

魚源(ととげん)舞鶴

隣接する鮮魚店で、仲買人として活躍するオーナーが「西舞鶴にはおいしい魚を食べられる店が少ない」と一念発起。毎日、自信をもって競り落としてきたばかりの新鮮な魚介をシンプルな和食でいただける。割烹風の趣ながら、豪快なボリュームなどの気軽さが港町らしい。人気のお造り定食をはじめ、丼や寿司など、地魚を堪能できるお値打ちのランチをぜひ。

  • ☎0773-77-5534
  • 京都府舞鶴市引土263-18
  • 午前11時~午後2時、午後5時~午後10時
  • 共にオーダーストップ
  • 火曜休み カード●不可
  • 席数●座敷24席、カウンター8席
  • 予算●ランチ800円〜、ディナー4,000円〜 P7台
  • JR西舞鶴駅から徒歩3分
  • MAP→D-1

ランチの旬の地魚 お造り定食1,500円。春は焼き霜にしたサワラ、ヒラメや中トロなど、6~7種類のお造りに小鉢などが付く。

京都から天橋立・伊根への直通バスが期間限定で登場!

この春、京都駅と天橋立・伊根の2大人気エリアを繋ぐ高速バスが運行。伊根への直通は今回が初。’15年夏に全線開通した京都縦貫自動車道を通り、天橋立には約2時間、伊根には約2時間40分で到着。往路便は午前着で、ゆっくり観光できるのもうれしい。

天橋立・伊根ライナー
  • フリーダイヤル0120-15-8814(要予約)
  • 運行期間●4月15日~5月31日※5月3日~6日は運休
  • 運賃●2,800円~ ※詳細は要問い合わせ
  • http://www.tankai.jp

Access 天橋立・文殊側まで

電車
JR大阪駅→特急こうのとり→福知山駅→特急たんごリレー→京都丹後鉄道宮津線・天橋立駅。JR大阪駅から約2時間半、片道運賃5,380円
阪神12号守口線・扇町出入口→近畿自動車道・守口IC→名神高速道路・吹田IC→京滋バイパス・大山崎JCT→京都縦貫自動車道・大山崎IC→京都縦貫自動車道・宮津天橋立IC→府道9号→R176を北へ。大阪市内から約2時間、片道高速料金4,630円
佳松苑 はなれ櫂(かい) ワインとお宿 千歳 舞鶴赤れんがパーク 赤煉瓦カフェ ジャズ 魚源(ととげん) イタリアンバールピエーノ 伊根店 向井酒造 旧加悦町(かやちょう)役場庁舎 尾藤家住宅 黒谷和紙工芸の里 alt= 名門堂千原 チロリア 足立音衛門 京都本店 福知山城