京都 こっとうを買いに
発売日:2014年9月4日(木)
定価:本体907円+税
  • 立読み
京都 こっとうを買いに
沢田眉香子 山口紀子
いま若い店主を中心に、来歴や希少価値に基づく既存の骨董価値から離れ、「使えること」「ユニークなこと」「自分で価値を見出す楽しみ」に軸足を置いた、新たな“こっとう”ムーブメントが起きています。なかでも京都は、天文、理科系、民俗学……と、どの街よりも自由で個性的なキーワードのお店が急増中です。いま行きたいこっとう店や、買いたいジャンル、こっとう空間で味わえる店を徹底ガイド。大阪・神戸・奈良のおすすめ店リスト付き。

◎いま京都で楽しむこっとうテーマ  天文系/花/しつらい/理科系
 ブロカント/民俗学/自然界のこっとう
 やつれ/カントリー/日本の家具
 ジャンク/インダストリアル
 昭和民藝/ライブラリー

◎知りたい買いたいこっとうジャンル  豆皿/デルフト/スタジオ・ポタリー
 北欧のやきもの/猪口・杯/李朝
 おもしろ染付/木と漆のうつわ
 ガラス/理科系/テキスタイル/おもちゃ
 祈りのかたち/道具/土器・陶片

◎“口福”“眼福”おいしいこっとう

◎こっとう店主のお宝拝見!

◎はじめてのこっとうQ&A

◎こっとう男子は街で出会える利休クンだ

◎こっとう市、傾向と対策

◎京都・大阪・神戸・奈良のこっとうリスト

関連書籍のご案内

街を変える小さな店
京都の人気書店の店主が、「嗜好品」を扱う個性的な店の現場を見つめ、これからの街のありかた、個人店が生き延びるヒントを探る。
  • 立ち読み
  • オンラインストア

書籍
『街を変える小さな店』

2013年11月発売

京職人ブルース
京都を支える職人世界は、エピソードの宝庫だった! 伝統工芸ライターと、うるし漫画家コンビが綴る、京職人ワールド見聞記。
  • 立ち読み
  • オンラインストア

書籍
『京職人ブルース』

2013年6月発売

ひとりで歩く京都本
ひとりで楽しむ京都を心強くアシスト。ひとりでも安心のゴハン、お寺、街を地元目線で紹介。「ひとりで行く」からこその古都の魅力を堪能する一冊。
  • 立ち読み
  • オンラインストア

Lmaga Mook
『ひとりで歩く京都本』

2014年3月4日発売