新しい酒場の本
発売日:2015年5月15日(金)
定価:本体680円+税
  • 立読み
あたらしい酒場の本
音楽・ファッション・ライフスタイルなど、街に根付くカルチャーを追い続けていたが、いま大阪・神戸・京都で圧倒的な盛り上がりを見せているカルチャーは『酒場』だと声を大にして言いたい。新店ラッシュはもちろん、ここ数年は、酒や食事を提供するだけの場所だけに止まらず、前述のカルチャーを内包し、“個”から、情報発信する店もどんどんと登場中。まさに“あたらしい酒場”の時代が到来しているのだ!

◎2015年を盛り上げる、街、店、人…。
 ミーツの酒場最前線!

◎ええ店知らん? に一発回答。  6吊以上で座れる居酒屋知らん?
 女子同士で行ける立ち呑み。
 教えて! 兄貴の酒道場。
 焼き鳥激戦区「東門街」をハシゴしたい。…etc.

◎京阪神のバル実況中継。

◎気持ちよく酔える街、日本酒天国。

◎割烹酒場の吊酒肴。

◎女将の恋する日本酒1本♡

◎15年代的、レコメン音酒場。

◎酒コラム  人生を狂わせた店 ~酒場総集編~
 滋賀のラム蒸溜所[ナインリーブズ]へ
 いま話題の甕ワインってなんだ?
 日本酒カクテル・クルー「S(h)AKE」を調査…etc.

◎特別付録  全100店!
 大阪・神戸・京都 駅近酒場カタログ

関連書籍のご案内

うまい本2015
京阪神のレストランや和食店を網羅した大好評シリーズの最新版。2013年~2014年に開店した新しいお店を中心に珠玉の300皿をご紹介!
  • 立ち読み
  • オンラインストア

Meets Regional 別冊
『うまい本2015』

2014年10月15日発売

Meets 2015年4月号
ど真ん中の梅田と、今最も使える手札の揃う北新地。進化し続けるメガロポリス・梅田の両サイドを徹底的にリサーチした、梅田飲みには必携の一冊。
  • 立ち読み
  • オンラインストア

Meets Regional
2015年4月号

2015年2月28日発売

Meets 2015年6月号
衣食住ひっくるめて、個性溢れる孤島・大正区の繋がり濃きローカル・カルチャーを通して、今ドキの街暮らしが楽しくなるヒントを。
  • 立ち読み
  • オンラインストア

Meets Regional
2015年6月号

2015年5月1日発売