関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


トップ > 「超・京都案内」 > 京都・初詣 行くなら4大メジャーへ
Check Clip to Evernote 2011.12.27up

京都・初詣特集、伏見稲荷大社、八坂神社、下鴨神社、北野天満宮

行くなら断然、4大メジャー!

近所の神社で初詣…もいいけれど、せっかくなら有名神社に行ってみたい。京都といえば、伏見稲荷大社、八坂神社、下鴨神社、北野天満宮…と、初詣スポットとして名高い神社には、この季節ならではの催し物もいっぱい。2016年の開運祈願。行くなら断然、4大メジャーでしょ!

  • [伏見稲荷大社]

    言わずと知れた「関西の初詣」の代名詞。

    • 関西最大・全国でも有数の初詣スポット。全国に約3万社あるといわれている稲荷神社の総本宮で、ご利益は商売繁昌と家内安全。天正17年(1589)に豊臣秀吉が寄進したと伝えられている朱塗りの楼門を抜けると本殿はすぐそこだが、その奥にそびえる稲荷山を巡るのがこちらでの初詣の醍醐味。参道を魔除けの赤で覆うようにしてびっしりと並ぶ千本鳥居は、何度訪れてもその佇まいに圧倒される。

      右も左も、前も後ろも「千本鳥居」。

      鳥居を奉納して願いが通る・通ったという信仰によって、参道には「おいなりさん」を象徴する赤い鳥居がびっしり。

      「おもかる石」で欲の重さがお見通し?

      奥社奉拝所にある石灯篭。願いを念じて持ち上げ、想像より軽いか重いかで願いが叶うかどうかが分かるとか。

      ブルを射抜けば五穀豊穣の「奉射祭」。

      神苑祭場で神職2名が真矢で大的を射て、その矢の当り方で今年の五穀の豊凶を占うと言われる神事。

    • 立ち寄りスポット

      [小西いも]

      門前で約60年にわたり営業を続け、参拝者から近所の子どもたちまで老若男女の心をつかんでいる焼き芋屋さん。鳴門金時の甘さと沖縄の塩の塩気の絶妙なバランスにほっこり。


      京都市伏見区深草稲荷榎木橋町30
      075-641-5629
      9:30~18:00
      水曜休(臨時休あり)
      やきいも150円(100g)

      やきいも150円(100g)

    • DATA

      [伏見稲荷大社]

      京都市伏見区深草藪之内町68
      075-641-7331(お守・お札授与所)
      境内参拝自由(お守・お札授与所は7:00~18:00)
      参拝無料
      http://inari.jp/

    • アクセス

      電車/JR奈良線稲荷駅→徒歩すぐ or 京阪本線伏見稲荷駅→徒歩約5分

      マップはこちら

  • [八坂神社]※開運、厄除け、縁結び

    厄除けならおまかせの「祇園さん」。

    • 立ち寄りスポット

      [家傳京飴 祇園小石]

      花街の関係者も愛する祇園の老舗飴店。併設の甘味処[茶房こいし]では、同店の伝統を生かした“秘傳の黒蜜”を使用したあんみつやみつまめ、パフェなどの甘味を楽しめる。


      075-531-0331
      東山区祇園町北側286-2
      10:30~19:30(季節により延長あり)
      http://www.g-koisi.com/

      黒蜜クリームあんみつ900円

    • “祇園さん”の愛称で親しまれる八坂神社は、京都の中心部からほど近く、街中からのアクセスも良好。そのため、初詣期間は毎年多くの参拝者で賑わい、特に大晦日から元旦にかけては、境内から西楼門、四条通りに至る周辺のエリアを人の波が埋めつくすほど。昼に訪れるなら、「祇園造」と呼ばれる珍しい建築様式である本殿などの見どころをゆっくり眺めたり、境内の東側に広がる円山公園や東山参道の散策を楽しむのもおすすめ。

      「をけら詣り」で厄除けテイクアウト。

      邪気を追い払う薬草「をけら」を燃やす火を縄にうつし、火を消さないように持ち帰る、京の正月の風物詩。12/31・20:00~翌5:00。

      古式豊かな和歌が響く「かるた始め式」。

      御祭神・素戔嗚尊(すさのをのみこと)が和歌の神様であることにちなんで行われる、歌かるたの遊戯会。1/3・13:00~。

      福を振りまいて「えびす船巡行」。

      七福神を乗せた「えびす船」が西楼門を出発し、四条烏丸まで約1.5kmにわたって四条通りを巡行する。1/9・15:00~。

    • DATA

      [八坂神社]

      京都市東山区祇園町北側625
      075-561-6155
      参拝時間=終日
      参拝無料
      http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/

    • アクセス

      電車/京阪祇園四条駅→徒歩で約5分、阪急河原町駅より徒歩で約8分、各線京都駅より市バス100・206系統→「祇園」下車→徒歩すぐ

      マップはこちら

  • [下鴨神社]※判子は、縁結び、厄除け、開運

    京都一の恋愛相談所で今年こそ!

    • 「下鴨神社」というのは実は通称で、正式な名称は「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」という。京都でも有数の長い歴史を持った神社の一つとして知られており、世界遺産「古都京都の文化財」の中に数えられていることでも有名。3万6千坪(東京ドーム3個分!)の広さを持ち、南北に長い原生林「糺(ただす)の森」は、付近の住民の憩いの場でもある。南端の鳥居をくぐり社殿に向かう参道で、すでに心が洗われるような気分に…。

      新年の初観戦は「蹴鞠始め」で。

      袴に烏帽子姿の鞠人が御所の伝統芸能として、継承されてきた平安貴族の遊び「蹴鞠」を奉納する儀式。1/4・13:30~。

      「連理の賢木」で恋の勝ち組に。

      縁結びの神様を祀った「相生社」や2本の木が途中で結ばれている「連理の賢木」など、恋愛にまつわるご利益がたくさん。

      願掛けの合間に「さるや」でひと息。

      今年オープンしたばかりの境内の休憩処。名物の申餅(さるもち)はお茶付きで300円。初詣期間中にはお粥のふるまいもあり。

    • 立ち寄りスポット

      [加茂みたらし茶屋]

      下鴨神社の「みたらし池」に湧き出す水の泡を形取って作られたという和菓子が実は「みたらし団子」で、その発祥の店がこちら。ここで購入して池の前で食べるのもまた一興。


      京都市左京区下鴨松ノ木町53
      075-791-1652
      9:30~20:00(LO19:30)
      水曜休(祝日の場合は営業)

      みたらし団子400円
      (3本・お茶付き)

    • DATA

      [下鴨神社]

      京都市左京区下鴨泉川町59
      075-781-0010
      参拝時間=6:30~17:00(夏は5:30~18:00)
      参拝無料
      http://www.shimogamo-jinja.or.jp

    • アクセス

      電車/京阪鴨東線出町柳駅→徒歩約5分

      マップはこちら

  • [北野天満宮]※判子は、学業成就、災難除け、開運

    「学び」の願掛けは受験生だけにあらず。

    • 立ち寄りスポット

      [船屋秋月]

      北野天満宮の一の鳥居のすぐ東側にある京菓子の老舗。白餡と梅餡の紅白が見た目にもめでたく新年にぴったりの「北野梅林」など、季節にちなんだ和菓子に出合うことができる。


      京都市上京区北野天満宮鳥居前
      075-464-2618
      9:00~18:00(火曜のみ~17:00)
      無休
      http://www.funaya.jp/

      北野梅林735円
      (15個入り)

    • 文人や学者としても秀でていた菅原道真公をお祀りした神社ゆえ、、「学業成就」を願ってたくさんの受験生が訪れる“北野の天神さま”。受験生だけでなく、全国から多数訪れる初詣参拝者に願掛けとして人気なのが、境内に点在する牛の像。「撫牛」と呼ばれ、「牛の頭を撫でてから自分の頭を撫でると賢くなる」といわれているため、どれも頭がツルツル…。重要文化財である三光門の荘厳な佇まいや、力強い「天満宮」の額など見どころも多数。

      神前で一筆入魂の「天満書」。

      書道の上達を願う書き初め。一般参加も可能で、3日間で約2,000点の作品が奉納されるとか。1/2~4・10:00~16:00。

      おめでたい「新春狂言奉納」で初観劇。

      五穀豊穣、国家安泰、天下泰平などを願い、神楽殿では茂山忠三郎社中による狂言の奉納が行われる。1/3・13:00~。

      切っても切れない「花街・上七軒」との縁。

      門前に広がる花街・上七軒は、室町時代の北野天満宮造営の際に残ったご用材で7軒の茶店を建てたのが名前の由来。

    • DATA

      [北野天満宮]

      京都市上京区馬喰町
      075-461-0005(北野天満宮社務所)
      参拝時間=夏5:00~18:00、冬5:30~17:30(受付9:00~17:00)
      参拝無料(宝物殿拝観料=大人300円、中高生250円、小人150円)
      ※天満書は出品料200円・指定用紙1枚50円・書道の道具は持参
      http://www.kitanotenmangu.or.jp/

    • アクセス

      電車/各線京都駅→市バス50・101系統→「北野天満宮前」下車→徒歩すぐ、京福北野線北野白梅町駅→徒歩約5分

      マップはこちら

[PR]オススメ情報