関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


トップ > 「超・京都案内」 > 醍醐寺
Check Clip to Evernote 2013.01.29up

京都名所と立ち寄り処

  • 醍醐寺


醍醐寺
秀吉も愛した“花の醍醐”。
山頂伽藍への道は登山の如く。

貞観16年(874)に理源大師が笠取山に登り、そこに湧く山水・醍醐水の味に感銘を受けて草庵を結んだことに歴史が始まる醍醐寺。標高450メートルの山の中腹から山頂までの「上醍醐」、五重塔や三宝院が建つ平地の「下醍醐」と、境内は山全体に広がり、全域を参拝するとちょっとした登山に挑戦したような気分になる。“花の醍醐”と称されるとおり、参道の桜のトンネルや樹齢100年を越えるソメイヨシノ、憲深林苑のかわづ桜、そして三宝院の大紅しだれと、京都を代表する桜の名所としてあまりにも有名なこちら。骨太な山岳信仰と絢爛な桜という二面性を味わおう。

京都市伏見区醍醐東大路町22
075-571-0002
9:00~17:00(12月の第1日曜の翌日~2月末は~16:00)
大人600円、中高生300円
http://www.daigoji.jp/

  • [醍醐寺]で行われるイベント

    「節分会」
    2月3日(日)

    「五大力尊仁王会(五大力さん)」
    2月23日(土)
    ※その他の催し物は公式ホームページでご確認ください。

  • [醍醐寺]トピックス

    「醍醐の花見」
    平安時代より“花の醍醐”と呼ばれ、特に豊臣秀吉が贅を尽くした「醍醐の花見」をここで行なったことは有名。それを記念して、毎年4月に「豊太閤花見行列」が行われ、多くの参拝者で賑わう。

[醍醐寺]に行くなら寄りたい、近くの食・遊・泊のスポット
  • 雨月茶屋

    「醍醐寺」境内にあるこちらの料理処では、敷地内の山菜や湧水を使用し、古くから伝わる方法で調理した醍醐寺独・・・ 詳細はこちら

    甘味 手打ち蕎麦 しも村

    北海道産のそば粉を使用し、毎朝ご主人が手打ちする自慢のそばは、打った後に約2時間程度おいてから茹でるのが・・・ 詳細はこちら

    隨心院

    真言宗善通寺派の大本山で、弘法大師の8代目の弟子・仁海僧正を開基とする門跡寺院。世界三大美人のひとり、小・・・ 詳細はこちら

醍醐寺マップ

[PR]オススメ情報