関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べるウェブマガジン Lmaga.jp


トップ > 「超・京都案内」 > 長岡天満宮
Check Clip to Evernote 2013.04.19up

京都名所と立ち寄り処



長岡天満宮
四季の花々が咲き誇る境内。
燃えるようなキリシマツツジ。

延暦3年(784)に桓武天皇によって平城京より都を移され、平安遷都までの約10年間、長岡京が置かれていた長岡京市。旧都の一角に位置する長岡天満宮の始まりは、延喜元年に菅原道真公が太宰府へ左遷された際にこの地に立ち寄り、「我が魂長くこの地にとどまるべし」と名残を惜しんで歌を詠んだ縁故にある。美しく華やかな朱塗りの本殿や広大な八条が池など、見どころの多い境内でも、訪れた人々の心を特に引きつけるのが、梅や桜、菖蒲など、四季折々に咲き誇る花々。市の天然記念物に指定されているキリシマツツジは、まるで真紅の壁のように圧倒的な存在感を見せる。

京都府長岡京市天神2-15-13
075-951-10253
9:00~18:00(10~3月は~17:00)
境内自由
http://www.nagaokatenmangu.or.jp/

  • [長岡天満宮]で行われるイベント

    「キリシマツツジ見頃」
    4月下旬

    「長岡京春の観光まつり(主催:長岡京市観光協会)」
    4月28日(日)・29日(月・祝)

  • [長岡天満宮]トピックス

    「八条が池で水上散策」
    寛永15年(1638)造営の八条が池の外周は約1kmもあり、正面大鳥居が立つ参道は池を二分する中堤である。池にかかる水上橋を渡ると、様々な場所から境内を眺めることができる。

[妙心寺退蔵院]に行くなら寄りたい、近くの食・遊・泊のスポット
  • Flower garden Hanako

    長岡天満宮の正面大鳥居をくぐり、水上橋を渡りきって境内に入るとすぐ左手にある、カフェを併設したフラワー・・・ 詳細はこちら

    antiquus days

    カフェや洋菓子店が並ぶ小さな商業施設「ロングヒル」内で、国や時代を問わず、アンティークの雑貨や古道具、家具・・・ 詳細はこちら

    フルール

    昭和44年オープン。阪急長岡天神駅前にて、界隈の住民に優雅なひと時を提供し続ける純喫茶。店は、開店前には・・・ 詳細はこちら

長岡天満宮マップ

[PR]オススメ情報